<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アルガルベ地方小旅行 / Algarve area excursion

7月17日アルガルベ地方1日バスツアーへ参加した。

<ルート>
Albufeira - Silves - Monchique - Marmelete - Aljezur - St.Vicente - Lagos - Albufeira
f0007785_6114025.jpg

朝8:30、ホテルを出発したフィンランド人+3人の日本人を乗せたバスは、まずSilvesという小さな町に向かった。713年ムーア人により制圧された町。今もなお、要塞があり観光名所となっている。我々のバスは、町に入る前の峠から町と要塞を一望した。
f0007785_644066.jpg

Monchique. とても小さな峠町。ヘルスリゾートして有名だとか。朝の町はとても閑散としていて人通りも少ない。カフェもオープンしたばかりで準備の最中だった。とくに見所もないためか30分と短い滞在時間の中、我々は町の中央に位置するカフェのテラスでコーヒーを飲み、カイジュウ君は遊具でリフレッシュ。
f0007785_645873.jpg

Silvesの町を過ぎてからずーっと峠道でアップダウン、さらに左右に大きく揺れるバスツアーが続いている。おそらく小学校低学年くらいの男の子がバスに酔ってしまい嘔吐に苦しんでいた。そして、木々が多かったMonchique付近とは打って変わって、木々が無く草と岩が広がるカルデラ地形のような光景が広がってるMarmeleteへ向かった。ここは、山頂。陽射しが強いが、風も強く冷たい。山頂には、ウェザーレーダー、お土産屋、レストランしかない。45分の休憩中、わたしはカイジュウ君と望遠鏡で周辺を見たり、遊具で遊んだりして楽しんでいたが、あまりの強風で冷風なので出発10分前にバスに戻った。すると、我々以外(妻含む)がすでにバスで待機していた。やはり寒かったらしい(笑)。久しぶりの山。気持ちよかった^^
f0007785_661418.jpg

Marmeleteを出発し、Aljezurへ向かう。途中、バスが停車し、ドライバーが道路脇に生えている木の枝を数本折って車内へ持ってきた。この木の葉は、消臭剤に使用されるそうだ。気付けばそこら中にたくさん生えている。ドライバーは、この葉っぱを揉み解しながら車内を歩き始めた。すると、嘔吐の臭いは消えたが、新たな強烈な匂いが充満した・・・(汗)。再び走り始めたバスはAljezurで停車せず、そのままSt.Vicenteへ向かう。このSt.Vicenteは、今回のたびでわたしが行きたかった場所。そう、ユーラシア大陸の最南西端である。
f0007785_664567.jpg

峠道の途中、昼食を取った。ツアーに含まれていた。メニューは、魚、チキンかオムレツのいずれかを選択。私と妻はチキンを、カイジュウ君はオムレツを頼んだ。そのチキンは"ピリピリチキン"と呼ばれていた。"ピリピリ・・・"って、辛いのか~と妻と冗談を言っていると、唐辛子ソースが付いてきた(笑)。ガイドさんにその意味を聞いてみると、意味は無いそうだ。そこで、"ピリピリって日本語で辛いということを表現する言葉だよ"と言うと、ガイドさんだけでなく、フィンランド人、さらにポルトガル人まで "へェ~" だって(笑)。その後、気付いたが、ピリピリチキンはポルトガル?か、Algarve地方の名物らしく、どのレストランでもメニューにあった。さらに、ピリピリという香辛料(唐辛子の粉末らしい)がお店で売られていた。
f0007785_671556.jpg

サン・ビセンテ岬。終にこの場に立った。そこは、75mの断崖絶壁。そこには、灯台があるだけ。大西洋が広がる。この先は、アフリカ大陸、そしてこっちはアメリカ大陸。と、今自分が居る場所を確かめながらしばらくその何とも言えない雰囲気を楽しんでいた。達成感、安堵感、またはこれからへの期待感、しかし興奮はしていない、何だかわからないがヘンにスッキリした気分だった。
f0007785_673989.jpg

バスは、Lagosへ向かう。Lagosの町へ行く前にPonta de Piedadeというきれいな海に岩の洞窟などがある場所へ立ち寄った。時間が無かったためボートツアーは参加できなかったのがちょっと残念。
f0007785_681035.jpg

Lagosの町では、まず博物館へ全員で行き、その後は1時間のフリータイム。我々は、小さな港町Lagosの町を散策。カステラかと思ってオーダーしたのはオレンジ味のスポンジケーキ(汗)。ここは、Albufeiraの隣のリゾートらしく、たくさんのアコモデーション、レストランなどがあり多くの観光客で賑わっていた。Albufeiraもそうであったが、ここLagosもアジア人が少ない。というか、ほとんど会っていない。バスは、予定通りLagosを出発し、Albufeiraの我々のホテルへ向かった。
f0007785_684249.jpg

レンタカーという選択肢もあったが、あえてツアーに参加したが今回のバスのたび、予想以上によかったと思う。ツアー参加者がみんなフィンランド人ということもあってか、すべて予定どおり(時間通り)であったし、予想以上にトイレ休憩など停車する回数が多かった。

この日は、Albufeiraのオールドタウンで夕食を取ることにした。というのも、今日はわたしの誕生日。さらに21日(最終日)は、我々の結婚10周年記念日。このポルトガルは、10周年記念のたび。そして、おまけでわたしの誕生日(笑)。10スウィートダイヤとはいかないが、フィンランドデザインの指輪を妻にプレゼント。その指輪には、2007年7月21日と刻印した。10年後、我々はどこにいるのかな。今から楽しみだ。
f0007785_691360.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-07-29 05:52 |

アルブフェイラ ポルトガル / Albufeira in Portugal

7月14日~21日までポルトガルのアルブフェイラへ行った。

2005年のギリシャ・クレタ島、2006年のイタリア・ペーザロ、そして、2007年、フィンランド滞在最後の夏、今年もやはりまぶしい太陽とビーチを求めポルトガル・アルブフェイラへ向かった。

アルガルベ地方アルブフェイラ : 美しい砂浜に一年中照輝く太陽、温暖な気候。海が一番の魅力。どこまでも続く美しいビーチ、その途中に現れる面白い形の岩や洞窟、トンネルなどが続く風景は訪れる人々を魅了。
ポルトガル最南端のこの地方は、ムーア人の最後の本拠地だったそうです。ムーア人の影響は、今日でも白壁の家々や独特な形の煙突、テラス、また、町や村の狭くて曲がりくねった小道など、至る所で見る事ができる。(海外旅行準備室より抜粋)

f0007785_52195.jpg

<ビーチ>
大西洋に面した町・アルブフェイラ。滞在中の日中気温は平均28℃。太陽はまぶしく、陽射しが強い。白い壁の建物が並び、半透明な青い海が目の前に広がっている。黄色い砂のビーチには、カラフルなビーチパラソルと真っ白なビーチベットが並んでいるエリアと自由に場所が使えるエリアに分かれていた。やはりこの強い陽射しにはパラソルが必須だ。パラソルを広げ日陰ができると、先ほどまで感じなかった海風が気持ちいい。妻はパラソルの下でsudokuを始めた。わたしとカイジュウ君は、砂のお城を作るべく、スコップ、バケツ・・・を持ち波打ち際へ。朝に比べ、午後は波が若干高く、潮も満ちてくるため砂の城がすぐ壊されてしまう。作っては壊され、そして移動を飽きるまで繰り返していた。海水は思っていたより冷たかった。
f0007785_515496.jpg

<ホテルとプール>
我々が滞在したアパートメントタイプホテルは、ビーチから500mほど離れた場所に位置していた。大したことがないと思っていた500mという距離は、大きな見当外れ。ホテルは丘の上に位置しており、ビーチへ向かう下りはいいものの、ホテルへの帰り道の上りは30分はかかり、きつかった。が、悪いことばかりではなく、ホテルのバルコニーからの眺めは素晴らしかった。さらに町の中心(オールドタウン)や繁華街、メイン道路から離れているためとても静か。ホテルのプールも新しく、こじんまりとしていたためとてものんびりできた。カイジュウ君は、冷たい海よりもこのプールが気に入ったらしく、滞在中ほとんどこのプールで過ごすことになった。オランダ人かドイツ人のお兄ちゃんに"俺たち今日で帰るからこれあげるよ"と、エアーマットをいただき、カイジュウ君はちょーご機嫌。"オブリガード" だって(笑)。
f0007785_524856.jpg

<オールドタウンとレストラン>
町にはオールドタウンと呼ばれているビーチにある繁華街と高速道路から一本海側にあるメインローカル道路付近にある大型ショッピングセンターエリアに分かれていた。食料品などは、このショッピングセンターエリアへ買い物に行き、レストランはオールドタウンへ行った。オールドタウンは、フィンランドでいうtori / マーケットプレイスに似た四角い広場があり、細い路地がここへ向かってのびているという感じだった。細い路地には、たくさんのレストラン、お店、カフェ、出店などが立ち並び、多くの人で一日中、また夜遅くまで賑わっていた。この辺りを歩いていると、やはりビーチリゾートだなぁと感じる。いろいろな国の言葉で書かれたメニュー案内が用意され、レストランのスタッフが声をかけてくる。お店の外、そして路地にまでも椅子とテーブルが並べられたくさんの人が食事、お酒、そしてその雰囲気を楽しんでいる。我々は、ポルトガル料理の店で、サルディーニャスといういわしの炭火焼をVinho verdeという微発砲ワインと一緒においしくいただいた。わたしが楽しみにしていたヴィーニョヴェルデ。毎日違ったブランドをいただきました^^
f0007785_531018.jpg

f0007785_543848.jpg

<カステラ>
ポルトガルから伝わったとされるカステラ。是非食べたい。と思うのは普通だろう、・・・わたしだけか(?)。Pao de loというお菓子がカステラだという説があるそうだ。ということで、Pao de loを探してみた。ようやく見つけたカフェにあったpao de loは、アーモンドクリームのついたもの ・・・ケーキにしか見えない。味もケーキ ... 。気分を取り直し、スーパーマーケットへ。そしてようやく見つけたpao de loは、ホールでしか売っていない。もう食べれない。仕方ないから写真だけでも撮っておこう。
f0007785_534013.jpg

<オートバイフェスティバル>
22日ヨーロッパオートバイフェスティバル(?)たるイベントがここアルブフェイラで開催されるとか。という理由で、21日ファロ空港へ向かう道は大渋滞。渋滞の中、バイクがどんどん、どんどん集まる集まる。悪いことをしているわけではないので取締りがありません。渋滞の原因は、空港入り口にあるラウンドアバウト(サークル状の信号の無い交差点)での交通規制でした。何とかチェックイン間に合った(ホッ)。
f0007785_54272.jpg

<エクスカーション>
今回、このたびの目的のひとつは、"ヨーロッパ大陸の端っこに行く"ということ。1日バスツアーに参加した。さらに、カイジュウ君リクエストの動物園へ足を延ばした。



・・・次回エントリーは、このエクスカーションです。



[PR]
by mashiz_t | 2007-07-24 05:04 |

夏休み! / Kesäloma!

待ちに待った第一回夏休みを取ります!


こんなところに行ってきます

美しい砂浜に一年中照輝く太陽、温暖な気候。海が一番の魅力。どこまでも続く美しいビーチ、その途中に現れる面白い形の岩や洞窟、トンネルなどが続く風景は訪れる人々を魅了。
xxxxx最南端のこの地方は、ムーア人の最後の本拠地だったそうです。ムーア人の影響は、今日でも白壁の家々や独特な形の煙突、テラス、また、町や村の狭くて曲がりくねった小道など、至る所で見る事ができる。

Ate logo
mashiz

[PR]
by mashiz_t | 2007-07-13 05:46 |

結婚式 / Häämenot

7月7日、同僚でもあり友人でもあるフィンランド人の結婚式に参加しました。

新婦は日本人。わたしが来フィンした2004年1月、新郎、新婦、そしてわたしは別々の友人・知人を通してヘルシンキダウンタウンのある家で会いました。その集まりは、ロシアのサンクトペテブルグへ週末旅行へ行く人たちの事前打合せ+顔合わせでした。・・・と、これが、彼らの出会い。そう、結婚への第一歩だったのでしょう。

という出会いから恋人時代、そして婚約、新婦の来フィン後の生活、結婚までを知っているのはわたしくらい(?)という理由なのか分かりませんが、光栄にも Best man を務めさせていただきました。といっても、下準備はすべて新郎新婦が自ら行い、わたしは例のbachelor partyと結婚式当日のお手伝い程度です。

13時。ヘルシンキにある岩の教会(テンペリアウキオキルッコ)にて結婚式が行われました。観光客が多いこの教会ですが、もちろんその間、シャットアウト!立ち入り禁止です。わたしはベストマンなので新郎側の一番前の席に座り、出番の合図を待ちます。・・・が、いきなり間違えました(汗)。ゴメン!
f0007785_5284251.jpg

教会での結婚式の後は、ゲストをバスに乗せヘルシンキダウンタウンのツアーに行きました。ゲストは、日本人、フィンランド人、ギリシャ人、タイ人、ドイツ人、スウェーデン人の6ヶ国。わたし(日本語担当)と新郎の弟君(英語担当+タイ語)がガイドです。45分のツアーでしたが、多数の見所があり、ガイドは思ったより大変。バスは止まることなく進むので、英語と日本語の両ガイドが終了する前に次のポイントへ。といった感じでした(汗)。 / 早口でよく分からなかった(怒)・・・from my wife ・・・ゴメン!

ヘルシンキのハーバーから小さな船に全員乗り換え、披露宴会場のある世界遺産の島・スオメンリンナへ向かいました。船の中では、みなさんようやく飲み物にありつけたとばかりにアルコールを飲んでおりました(笑)。しかも弟君の持ち込み。クーラーボックス2個。ホントーにこの国、何でもありだな!

披露宴会場は、こじんまりとした木造の黄色い外見のレストラン。中も、これといって派手なデザイン、内装、飾りつけは無く、とてもシンプルでフィンランドらしい。そして、入り口では新郎新婦とそのご両親がゲストを出迎え、最後に我々家族が入りました。そして、ついにこのときがきてしまったのです。そーです。披露宴開始のベストマンのスピーチ。 //実は、新郎からメモはもらっていたのですが、どうしても自分の言葉にしたかったので前夜に内容を変更したのです。が、そう簡単にはいかず、考えて考えて考えて・・・結局午前2時。何とか、作った内容を頭の隅に押し込んで就寝。// ・・・ みなさん、席に着きました。緊張はピークでしたが、フォークでワイングラスを映画のワンシーンのように鳴らし、"カンカンカン" ... "Good afternoon. Ladies and gentleman. Welcome to ... . " 無事スピーチ+祝福の乾杯は終了しました。新郎新婦からも"OKサイン"いただきました(ホッ)。
f0007785_5291061.jpg

披露宴は、まず席順が日本と違うことに気が付きました。新郎新婦の席に一番近いのが両親、親戚のテーブル、次に親友・・・。日本と逆ですね。そして、ベストマンのスピーチの後は、スピーチしたい人がする、余興をやりたい人がやる、といった具合で、何のスケジュールもありません。ゲストは、前菜を食べ終わると外へいって友人と話している人もいれば、バーへ飲み物を取りに行く人などバラバラ、そしてメインが来るとまた席に戻る。といった感じ。20時からカラオケ機器を業者が運び入れて、カラオケの始まり。これは、日本的にという新郎のアイデアらしい。そのころになると帰り始める人もいました。
f0007785_5294389.jpg

そして、そして、23時ころには新郎新婦も帰宅。メインがいなくてもカラオケは続きます(笑)。午前1時、ようやくカラオケが終了し、最後まで居たゲストは船でヘルシンキダウンタウンへ戻ります(わたし含む)。そして、まだ続きます(笑)。ここからいくつかのグループに別れ、クラブやバーへ消えていきました。わたしを含む7人(?)はあるフィンランド人の家になぜか向かい。朝5時まで飲み、歌い、騒いでいました。13時に始まった結婚式+披露宴は、翌日午前5時に終了です^^

日本とは違った結婚式+披露宴でした^^

本当におめでとう!!
[PR]
by mashiz_t | 2007-07-13 05:29 |

フィンランドロードレース / Suomen road race Arastaro moottorirata

7月1日 ヘルシンキから約160kmトゥルク方面へ向かいアラスタロというエリアにあるalastalo サーキットへロードレースを観に行きました。

今回は、フィンランド選手権に加え、スカンディナビアオープンといってフィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、エストニア、さらにロシアの6ヶ国にまたがるシリーズも併催されました。

いくつかのレースの中で注目されている2人の選手に気が付きました。一人は、現在モトGP / GP250 に参加しているフィンランド人ミカ・カッリオのお兄さんのヴェサ・カッリオ。彼は、スーパーバイク世界選手権へ参加していて、今回はSS600に出場していました。結果は、ぶっちぎりの優勝。もうひとりの選手は、GP125に参加していた唯一の女性ライダー。3台による3位争いの4番手、5番手を展開し、最終ラップ7コーナーで3位に上がるも最終コーナーで惜しくも抜かれてしまい、結果4位。観客席の大きな拍手がため息に変わった瞬間でもありました。ん~、惜しかった。

残念ながらGP250はありませんでしたが、久しぶりのサーキット、そして、久しぶりの2サイクルのにおいに懐かしさを感じながら楽しめた一日でした^^

カイジュウ君が乗りたいとか言い出したらどーしよー ・・・。
f0007785_5132629.jpg

f0007785_5135361.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-07-07 05:14 |

Bachelor party / Porttarit

6月29日Bachelor partyに参加しました。

友人の結婚式が7月7日にあり、その Best man を務めることになりました。Best man ... なんのことやらわかりません。ちょっと調べてみると ・・・ 何やら立会人、付添い人のような存在らしい ... 。そして、bachelor partyも取仕切るとか。Bachelor party ・・・ これまた馴染みがありません ... 。ということで、例のオランダ在住フィン友人にメールで相談、代わりに仕切ってもらうことに。

Bachelor party ... 結婚前に新郎友人が新郎のために行う独身最後のパーティ。

ということで、結婚式に参加する野郎共のメールアドレスを新婦からゲットし、bachelor party企画を案内。企画内容は、こんな感じ ...

17:00 教会でリハーサル中の新郎をリハ後に襲撃。ビッグサプライズとともに車に乗せ、他の友人たちが待つ新郎の卒業高校の体育館へ向かう。

17:00 - 19:00 新郎vs友人(交代制)でのバトミントン。どちらかが100ポイント取るまで。新郎はバトミントンクラブチームを持ってるほどの凄腕。ハンディとして、バトミントンラケット以外にテニスラケットやスクァッシュラケットなどを用意。最後は、多数vs新郎で締めくくりました(笑)。

19:00 カラオケタクシーを手配。そのまま、カラオケで大熱唱しながらヘルシンキダウンタウンの某ホテルへ。

20:00 - 23:00 某ホテルのパーティルーム+サウナを貸切、食べて飲んでサウナに入って ...要は騒ぐ。sea side で10Fというすばらしい眺め。

23:00 - 朝まで バーへ移動。好きなだけ飲む。

今回は、わたし(外国人)に best man を依頼したので、新郎本人はbachelor party は無いものと思い込んでいたようです。そして、この襲撃劇。本人、相当驚いたようでした^^
f0007785_423080.jpg

f0007785_424734.jpg


また、やはりうれしかったのでしょうか、バトミントン、カラオケ、サウナとかなり羽目を外し、楽しんでいました。もちろん、帰宅は朝4時(笑)。

Bachelor partyの伝統として(もしかしたらフィンランドだけか、または新郎仲間だけかもしれまんせん)、当人は携帯電話、財布、家の鍵を持ってきてはいけないそうです。

無事終了したbachelor party。何よりも、新郎が楽しんでくれたのですべて良しです^^
さぁ、今週末は本番の結婚式です。スピーチ失敗しないように練習しないと(笑)!
[PR]
by mashiz_t | 2007-07-03 04:02 |