<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

温度計 / Lämpötila

今朝8:15分の我家の温度計 ... マイナス17℃
f0007785_5472820.jpg


と、最近の天気予報 ...
f0007785_5503672.gif

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-30 05:52 |

新年会とディズニーオンアイス / Uuden vuoden juhlat ja Disney on ice

27日の日本女性会新年会と28日のDisney on iceが無事終了。思えば昨年はこんなでした(笑)。

3回目の参加となった新年会。今年は体調も良く ? ・・・ 腰痛でした(汗) が、食べて飲んでおしゃべりして、さらに恒例となっているくじ引きでは3割を超える当選率で商品をゲット、ようやく3度目にして楽しませていただきました(笑)。

そして翌日のDisney on iceも親子3人で観ることができました。カイジュウ君が目をまん丸にして見入っていて、役者さんに手を振り返したり、スケートの演技に拍手したり、時には立ち上がったり、涙したり、わたしの手をギュッと握り締めたりというとても自然で素直なリアクションにちょっと感動してしまいました。彼はまだ、ぬいぐるみの演技を楽しくみているような年齢ですが、今回はそれ以上にスケートや音楽に合わせて役者が踊るミュージカル、つまりストーリーの場面場面に心奪われるような感受性を持つようになったのかなぁと、ちょっとうれしくなってしまいました。連れて行ってよかった。

f0007785_447313.jpg
 
[PR]
by mashiz_t | 2007-01-29 04:47 |

雪 / Sataa lunta taas

雪が降りました。というか、吹雪きました。

雪がやんだ夜、白や薄オレンジの街灯が雪景色をいっそうすばらしいものにしてくれます。

とても静かな夜、そしてきれいです。ようやくフィンランドに冬が来ました。

f0007785_624328.jpg

f0007785_63440.jpg

f0007785_632315.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-27 06:04 |

産休 / Äitiysloma

産休を取っていたマーケティングの女性・カタリーナが復帰してきました。それは、彼女が産休を1年間取っている間に代わりを務めていた女性・アルヤが辞めるということにもなります。

2005年10月に始まったわたしのプロジェクトのメンバーにカタリーナがいました。が、12月から産休に入ってしまったため代わりを探さなければなりません。といっても、そう簡単に見つかるわけもなくようやく翌年2月に一般公募で社外から入社したのがアルヤでした。レギュラータスクはもちろん会社についてもすべて一から覚えなければならない状況でプロジェクトのメンバー入り。その苦労は一緒にいてよくわかりました。その苦労が報われ、プロジェクトは2週間遅れで無事終了。彼女のそのプロフェッショナルな仕事ぶりにただ感謝するばかりです。そして今日、彼女は去っていきました。お礼の言葉と一緒にメンバーのサインが入ったカードを手渡しました。遠い日本やアメリカのメンバーからもサインを集めました。

彼女はしばらく休暇をとりカリブ海でセーリングを楽しむそうです。一定期間仕事をし、長期休暇を取り、また仕事をする。こういうライフスタイルもありなのかもしれません。
[PR]
by mashiz_t | 2007-01-27 05:49 |

渋滞 / liikenneruuhka

フィンランドのいい点を挙げろと言われたことがあり"渋滞がない"と答えたことがありました。でも朝夕のラッシュはどこでもあるようです。ヘルシンキダウンタウンまでまだ15kmもあるというのに毎朝8時くらいになると通勤路途中にあるモーターウェイは渋滞します。わたしは徒歩通勤なので問題ありませんが ... 。

f0007785_419333.jpg

f0007785_4201438.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-26 04:29 |

そり出動! / On valmis pulkkaa

週末雪が降りました!息子のそりも除雪車もひさびさの出動です^^

f0007785_6204094.jpg


f0007785_621370.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-23 06:21 |

バス24番で行く1日観光(ヘルシンキ) / Päiväretkiin bussilla Helsingissa

ヘルシンキダウンタウンからバス24番に乗り約25分でセウラサーリ(Seurasaari)という小さな島に行くことができます。バスを降りると目の前に橋があり橋を渡るとそこがセウラサーリです。島全体はほぼ森で、その一部が野外博物館で観光地としてもフィンランド政府観光局に紹介されています。
f0007785_557293.jpg


観光シーズンやイベント開催時などを除けば、セウラサーリは周辺の住人のランニングや散歩のコースだったり、週末は小さな子供連れのピクニック地だったりととてものどかで静かな場所です。また、6月下旬の夏至祭(Juhannus)のイベント会場でもあり、民族衣装を着たフィンランド人によるカンテレ演奏やダンス、工芸品、コッコ(Kokko)と呼ばれているボーンファイヤーなども有名です。

セウラサーリのバス停周辺には、美術館やレストラン、カフェなどが徒歩圏内にあるので、天気が良ければのんびりぶらぶら散歩するのもいいかもしれません。
f0007785_65543.jpg



f0007785_6122858.jpg
セウラサーリ野外博物館
フィンランド全土から地域の特徴ある建物を移築して展示しているセウラサーリ野外博物館。建物は18世紀~20世紀初頭にかけて建てられたもので、現在は約87棟がセウラサーリにある。セウラサーリ島へは1882年に橋が架けられ、1909年11月21日に博物館としてオープン。橋が架けられる以前は、各自が船でやって来てピクニックを楽しんだ。毎年、夏至祭が開催され「ボーン・ファイア」や伝統的なダンスや音楽で盛り上がる。(フィンランド政府観光局HPより抜粋/http://www.moimoifinland.com/areas/seurasaari.php)


f0007785_6175715.jpgヘルシンキダウンタウンとセウラサーリの中間にシベリウス公園(Sibeliuksen puisto)があります(バス24番途中下車)。ステンレスパイプの大きなモニュメントがある公園でシティガイドツアーに組み込まれる観光ポイントです。見せ場はこのモニュメントしかなく、面白くないかも(?)しれません。が、公園の前には湾が広がり、特に朝などはその風景と静けさでフィンランドらしい自然の一部を垣間見れるかもしれません。そこには、赤い小さな木の小屋があります。カフェレガッタです。せいぜい15人くらい(?)しか中へ入れない本当に小さな小屋のカフェでが、焼きたてのシナモンロールが美味しかった^^


f0007785_663031.jpg

シベリウス公園
湖畔にある緑豊かな公園。フィンランドが生んだ作曲家ジャン・シベリウスを記念して1967年に刻家エイラ・ヒルトゥネンにより作られた彫壮大なステンレスパイプのモニュメントがある。 (フィンランド政府観光局から抜粋/http://www.moimoifinland.com/areas/helsinki-point.php)

f0007785_672183.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-21 05:46 |

バルコニーの窓 / Parvekkeen ikkuna


f0007785_4421057.jpgヘルシンキダウンタウンではわかりませんが、町を歩いているとバルコニーに開閉可能な窓をつけている家が多いことに気づくかもしれません。窓を付ける目的はそれぞれでしょうが、雨、風、雪が吹き込まないエクストラスペースができるというのはすばらしいことです。来フィンした当初、我が家にもあったらいいなーと思い、オーナーへ聞いてみると、"構わないけど2000euro以上するよ"と言われ、即却下。

10日くらい前、中庭の隅にバルコニーの窓がドカッと置いてありました。新品です。住所と名前が書かれたステッカーがバッリチ貼ってあります。まー、確かに犯罪の少ない国ですが、さらに重いので簡単に持ち運べないだろうし・・・、でも"置きっぱなしかよ"と言いたい(笑)。しかもまだ置いてあるし。
f0007785_439870.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-19 04:43 |

椎間板ヘルニア再発か? / Välilevy taas?

12日の朝起き上がれない。Salibandyでエキサイトし過ぎたか、そういえば確かに2度転倒したな。

12日17:30~。息子を同僚宅へ預け、夫婦で大使邸で行われた新年懇談会へ参加。たくさんの在フィン日本人+その家族のフィンランド人が来ていた。顔なじみの方もいればもちろん知らない方もいて、中にはマリメッコのデザイナーさんも来ていた。ビュッフェには日本食が並び、お雑煮まであった。1時間30分のパーティはあっと言う間に終わってしまい、もっと多くの方と話しがしたかったなぁというのが正直なところ。パーティ終了後、同僚宅へ。我々の心配をよそに"もう帰るの~"というほど楽しんでおりました。

14日腰の痛みが我慢できずMehilainen病院へ行く。衝撃による一時的な背筋肉の緊張との診断結果。痛み止めと筋緊張緩和剤を処方するとのことだったが、薬剤性肝炎を引き起こす可能性があるのでロキソニンを服用できない旨を話すと、筋緊張緩和剤のみ処方してくれた。帰宅後、念のため処方されたSirdaludをネットでチェックすると ... 日本名テルネリンらしい(?)。さらに、肝機能の悪化が報告されているので慎重投与・・・。軽症の椎間板ヘルニア→痛み止めと筋緊張緩和剤→その3週間後→腹痛、嘔吐→再検査→薬剤性肝炎→入院 ・・・ 3年前の悪夢と似たようなシナリオか? 本当にあれはロキソニンが原因だったのか...? 2、3週間後がちょっと怖い。
フィン日協会の餅つきに参加。といっても餅つきはできない。来場者の方はほとんど知らなかったが、フィン男性に声をかけられた。というか、つかまってしまい、日本の歴史や武道などについていろいろ聞かれてしまった(汗)。

15・16・17日病欠(sairasloma)
[PR]
by mashiz_t | 2007-01-19 03:28 |

フィンランド的散歩? / Suomalainen kävely?

雪が降りません ・・・。いつもどおり散歩に行きました。ご覧の通り公園は、・・・緑色。

こちらに住んでいて散歩をしている人の多さに気がつきました。年配の方もそうですが、若者も多いと思います。ただ散歩している人、犬と一緒の人、またスキーストックを持っている人など。このスキーストックを持ち散歩することをノルディックウォーキング(Nordic walking)と呼び、フィンランドでは一般的な運動として認識されています。スティックを持つだけで、通常のウォーキング(散歩)よりエネルギー消費量が上がると考えられているそうです。日本にも上陸しているようですね。詳細は、日本ノルディックフィットネス協会で紹介されています。

昨年、両親へスティックをプレゼントしました。ちゃんと使ってるのかな?(←blogを通してプレッシャーを与えてる^^・笑)
f0007785_853443.jpg
↑クリックにて拡大/近所の公園360°パノラマ写真


f0007785_8611.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-01-07 08:13 |