<   2004年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

- イースター - 近所編

今年フィンランドでは4月9日~12日までイースターホリデーでした。イースターといってキリスト教の、、、キリストが死んで復活したとか?という特別な日だそうです。間違ってたらゴメンナサイ。

イースターの一週間前には小さな子供たち(特に女の子)が魔女の格好をし、きれいな色の羽や紙で作った花を付けた木の枝を持ち各家を訪問します。そして、なにやら歌を歌いその小枝を渡します。その小枝と交換に住民からイースターのお菓子(タマゴの形をしたチョコレート)やキャンディーなどをもらいます。日本でいう十五夜のようなものです。
f0007785_6342314.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2004-04-09 06:32 |

イースター- ストックホルム旅編

我々家族はこのイースターホリデーを利用してスウェーデンのストックホルムへ船旅に行ってきました。8日の17:30にヴァイキングラインという船に乗り込み次の9日の朝10:00にストックホルムに到着しました。船にはレストラン、サウナ、ジャグジー、バー、免税店、カフェ、子供のプレールームなどなどホテル以上の施設が完備されていました。行きのキャビンはC4といって一番安い部屋で船底でした。船は2階と表示されている船底キャビン、3階、4階は駐車場、5階から9階までがキャビンとなっていて上階が一番良い部屋という位置づけでした。
 
ストックホルムはヘルシンキと比べるととても大きな町で都会でした。気候も暖かく雪はもう姿を消し海も凍っていませんでした。ここもまた小さな島がたくさんあり、我々が2泊した場所ソーデルマルムも島でした。

ストックホルムのダウンタウンはノッツルマルムと呼ばれ高いビルやデパートがたくさんあり都会的印象を受けました。私的にはミニチュア東京みたいであまり楽しくありませんでしたが、建物はみな古く近代的ではないのでそういう意味ではヨーロッパを感じることができます。ダウンタウンから1kmちょっと西に行ったところにヴァーサ博物館があります。ヴァーサ号という戦艦が展示してあり、この船は1628年に出港してわずか数百メートルで沈没してしまったというバルト海最大の戦艦だったようです。その大きさといい、復元状態の良さといい非常にすばらしいものでした。この船は海底から引き上げられたそうです。まるでタイタニック映画のようでした。
 
ガムラスタン、ここは我々が今回の旅で訪れたかった場所です。ガムラスタンはダウンタウンとソーデルマルムの間にある小さな島です。ここはストックホルム発祥の地と呼ばれ、つまり旧市街です。島の中央には広場があり水場(井戸ですね)がありました。現在は使用できませんが。ここを中心に狭い石道があちらこちらに広がり建物は密集していて、何かから隠れるよう、または逃れるように町全体が凝縮されていました。町のちょっと外れには王宮がありいまだに兵士が王宮を警備していました。ガムラスタンのすばらしいところは何といってもヨーロッパを感じることができることで、特に歴史・古さを実感できます。ここもまた他の国とは違った独特の雰囲気がありました。


写真はここ→ストックホルム
[PR]
by mashiz_t | 2004-04-08 06:29 |

-コルケアサーリ / ヘルシンキ動物園-

今日は家族でコルケアサーリにあるヘルシンキ動物園に行きました。我が息子は「ぞうさん、ぞうさん」と大興奮でしたが、残念ながらぞうさんどころかきりんさんまでいませんでした。その代わりトナカイ、ラクダ、バッファロー、ライオン、ヤマネコの一種、シーライオンなどなどあまりうれしくない面々に出会うことができました。

コルケアサーリは実は島で、島全体が動物園というとても面白い考え方の動物園です。ですから、動物園の入場料を支払うというよりはコルケアサーリという島に渡るための橋の通行料を支払う感覚です。というのも、前述したとおり動物園自体はあまりエキサイトな場所ではないので(我々だけの意見かもしれませんが)、家族、または友人とお弁当片手にピクニックに来るという感覚の方が理解しやすい場所と言えます。小さな島ですから一周するのも分けなく、さらにヘルシンキダウンタウンも見えますし、緑もたくさんありとてもよいところです。

この日はまだ島周辺の海は凍っていて、しかも風が強かったため外でお弁当、、、などという気分にはなれませんでしたが。またヘルシンキダウンタウンからボートで行くことも可能なので、夏は楽しめそうです。

ちなみにxxxサーリといって「サーリ」とは「島」という意味だそうです。
[PR]
by mashiz_t | 2004-04-03 06:28 |

- フィンランドの公的乗り物 -

まず乗り物ですが、日常使用する公的乗り物として基本的にバス、電車、地下鉄、トラム(路面電車)があります。これらのチケットは共通でさらに定額料金です。市内であれば1.6ユーロ(くらい)、市外まで行く場合は2.3ユーロ(だったかな?)で、1時間以内であれば乗り換え自由です。例えば、私の最寄の駅(ヴァンタ市)からヘルシンキ市内の動物園まで行くとすると、まずVR(フィンランドの鉄道)に乗り、ヘルシンキ中央駅で地下鉄(メトロ)に乗り換え、さらに4つ目の駅でバスに乗り換えます。時間にして1時間弱ですが2ユーロちょっとで行くことができます。

f0007785_5491363.jpg

f0007785_5494770.jpg

料金をおぼえていないのはトラベルカードと呼ばれている電子マネーカード(JR東日本のスイカカードと同じです)を使っているからです。フィンランドでは駅に改札がありません。料金は、バス、鉄道、トラムでは社内で車掌や運転手から購入し、メトロは駅にある自動販売機で購入します。または私が活用しているトラベルカードを黒いボックス(改札みたいなものですね)にタッチして1番(市内)か2番(市外)のボタンを押して乗ります。それぞれ写真があるので参照してください。
f0007785_5501373.jpg


f0007785_5502786.jpg改札がないので無賃乗車が可能です。ただしばれると50ユーロの罰金を支払わなければなりませんが。実は先日黒いボックスにカードを通すのを忘れてしまい、メトロに乗ってしまいました。こんなときに限って検札があり、さんざん言い訳をし、ボタンを押したと言い切り何とか市内料金を徴収されただけで済みました。外国人ということで仕方がないとう感じだったのでしょう、きっと。ゴメンナサイ。f0007785_5504495.jpg

f0007785_5505860.jpgまた、ベビーカーと一緒に乗ると大人も子供(ベビーカーに乗っている)も無料となります。これもまたとてもナイスなシステムです。
[PR]
by mashiz_t | 2004-04-02 06:27 |