カテゴリ:職( 20 )

Hämeenkylä

6月8-12日フィンランドのハメーンキュラへ行きました。出張です。4年も滞在したのですが、ここは始めての場所、ちょっと楽しみ。期待通りの のんび~り した雰囲気にちょっとほっとし、うれしかったですね^^

ほぼ缶詰状態で現地友人と会えず少し残念でしたが、初夏、いえいえ夏真っ盛りのフィンランドを久しぶりに満喫しました。やっぱりフィンランドは夏がいい!
f0007785_2211196.jpg

f0007785_2212151.jpg

f0007785_2213384.jpg

f0007785_2214433.jpg

f0007785_2215436.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2009-06-15 22:02 |

Helsinkiin taas

3月11日、4ヶ月ぶりにヘルシンキ本社へ出張でした。

この世界経済不安のため、私の勤めている会社でもコストダウンが迫られています。その中での本社出張・・・、必要とはいえタイミング悪すぎです(苦笑)。いつもお世話になっているフィンエアー、成田線はいつも満席ですが、今回は隣の席が空いていました・・・。ビジネスもプライベートも控えめなのでしょうか。ラッキーだと思いましたが、ふと気がつくと周りにはロシア人がウロウロ・・・。まさかと思いきや、やはり始まってしまいました、宴会です・・・8時間(悲)。

今回もミーティング詰めの出張でしたが、早くも来年の人事の話が出てきました。また来年新たな動きがありそうです。もう、疲れたね・・・。

さて、今回もまたプライベートでは旧友と会い、食事に行ったり、飲みに行ったり、楽しい時間を過ごすことができました^^
もちろん妻から手渡されたショッピングリストを片手に走り回ったりしましたけど(笑)

ヘルシンキは春が少しずつ近づいている感じでした。まだ若干雪が残っていましたが、日照時間は長くなり、日中は太陽も顔を出したり、また気温も0℃程度。これから春、そして夏とポジティブな気分にさせてくれるいい季節です。次回は、いつまた来れるか・・・、夏がいいなぁ^^
f0007785_1657588.jpg

f0007785_1658718.jpg

f0007785_16581868.jpg

f0007785_16582932.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2009-03-20 16:17 |

Back home...?

一年ぶりに故郷 ... いえいえ、ヘルシンキへ行きました。

12月の第一週、出張でドイツのボンとヘルシンキへ行きました。フィンランドを離れ、早1年が経ったということに私も含め会社の誰もが気がつきませんでした。時間の経つのは早いものです・・・。それだけ、この帰国後一年は忙しかったということでしょうか。

久しぶりのボン。今回はworkshopがメインの仕事ということで、内緒ですがちょっと余裕の出張でした。ボンのダウンタウンではクリスマスマーケットが立ち並び、夜になると人がわんさか、皆さん食べて飲んで買い物してと楽しんでおりました。昨年行ったケルンよりも賑やかでマーケットも大きかった?感じですね。わたしも息子と約束していたおみやげのプレイモビルを探しににぎやかな町へと消えて行ったのです(笑)
f0007785_21474462.jpg


ボンの次はヘルシンキです。待ちに待ったヘルシンキ。もちろん仕事ですので、空港から本社へ直行。でも、わたしにとって本社の多くの人たちも友人みたいなもので会うのが楽しみ。廊下を歩けば誰かに会い、10分-15分の立ち話。食堂へ行けば声をかけられ、ミーティング間の移動でも・・・。なんとまあ、仕事に来たのか、みんなに会いに来たのやら・・・(笑)

夜も語学学校で一緒だったスウェーデン人の友人と食事に行ったり、住んでいたアパートの近所の方へ会いに行ったり、・・・内緒だったのでチョーびっくりしてましたけど(笑)・・・、土曜日のフライト前の時間を使い、同僚達と森へハイキングへ行きました。ようやく最終日に天気は晴れ、さらに太陽が昇り、気温はマイナス3℃。ナイスな環境です!が、出張スケジュールがタイトすぎたのか、久しぶりのヘルシンキに気が緩んだのか、金曜日の夜から38.5度の熱がでて・・・、完全にダウン xx) それでもハイキングで発汗し少しは楽になりましたが、・・・やはりダメでしたね。帰りの飛行機は最悪。

それでも、みんなに会えてよかった^^
f0007785_21475640.jpg

f0007785_2148668.jpg

f0007785_21481832.jpg

f0007785_2148279.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2008-12-22 21:48 |

何これ...? / Mitä tapahtu ...?

12月1日土曜日 朝10時30分 同僚JanとRichardが車で迎えにきました。1泊2日で遊びに行くということしか知らされておらず、"歯ブラシ以外何もいらないから(笑)"とのこと。ほほ~、どこかコテージにでも行くのかなぁ~と思っていました^^

車で10分走り、元同僚Päiviをピックアップ。そして、また20分くらい走って、今度は同僚のHenriをpick up。そこから30分もはしったでしょうか、何やら田舎道へ入って行き、そのまま森の中へ。そして、細い道の分岐点で車が止まり降ろされ、地図とコンパスを渡され、"ここからこの地図のチェックポイント1へ行って。行けば分かるから。じゃね~"と言って、車は去って行ってしまいました。 "・・・はっ?!" おいおいそりゃないだろー。いったいここはどこ? とりあえず、地図に目をやり、現在地とチェックポイント1を確認し、コンパスを地図上に置きました。が、コンパスってどーやってつかうの・・・? アナログコンパスには何やら数字がいっぱい書いてあります。これで縮尺から距離を計算するんだろーなー・・・。とブツブツ言いながら、とりあえず方角だけ確かめ、いざ森へ。
f0007785_756828.jpg

森の中は、恐ろしいほど静かでした。さらに風の音が・・・妙に怖い。真っ白に広がった雪の上には、何やら動物の足跡しかありません。そして、自分を信じてどのくらい歩いたのでしょうか、ちょっとした高台に着きました。"この辺だよなぁ~・・・"と、ブツブツ言っていると、人影が"ゲッ!!"、思わずビビッて声を出してしまいました(汗)。そこには、JuhiとJukkaが待っていました。ビックサプライズです^^ とりあえず、ビールとサンドイッチをもらい談笑していると、"さて、じゃやろうか"と、juhiが指差した方向にあったのが、マウンテンバイク。

チェックポイント1 : マウンテンバイクでダウン&アップヒルを2分以内に完走する

"ゲ~、ムリッしょ。こんな雪の中じゃー"というわたしの声など聞いていません(笑)。"さー、行くよ。スタート"と、始まっちゃいました。

結果 : 2分15秒 ・・・不合格 

とは言え、もう走れません、というか、ゼーゼー言ってまともに話すらできません(笑)。そして、ナップサックからでてきたのは、またもや地図。"はい、じゃー次はチェックポイント2ね。ここ。OK? それからこのマウンテンバイクで行ってね"・・・だそうです**)
f0007785_65053.jpg

そこからマウンテンバイクで森を走り、出発地点まで戻りました。そして、チェックポイント2を目指し走ります。と、10分くらい走り地図を確認すると、またもやチャックポイントは森の中。"マジかよ。このチャリどーしよー・・・"。仕方がないので、バイクを担ぎ森の中へ。もし誰かが見ていたらとっても奇妙な光景だったことでしょう。東洋人がマウンテンバイクで走ってきたかと思えば、突然道の真ん中で止まり、バイクを担ぎ森に消えていったのですから(笑)。今回は、ちょっと迷ってしまいました。仕方ないので、役に立たない地図とコンパスを出し位置確認。でも、よくこんな写真を撮っていたなと驚きましたね。ぜんぜん撮られているの知りませんでした^^
f0007785_651286.jpg

f0007785_6541784.jpg

どうやらひとつ隣の丘というか高台らしいことが分かり、さらにバイクを担いだまま奥へと行きました。すると、LeenaとHeidiがマッカラを焼いて待っていました^^ どうやらここがチェックポイント2らしい。

チェックポイント2 : フィンランド式竹馬(木でできています)で約5m歩く

これならできそーです^^ と、思いきや意外と難しい。木でできた竹馬は重く、さらに足場が小さい。日本では棒は体の前に位置し歩きますが、フィンランドでは棒を両脇で抱え体の外側に位置し松葉杖のようにして歩きます。
f0007785_6551595.jpg

結果 : (何とか)OK

JuhiとJukkaも合流し、みんなでマッカラとジュースでワイワイガヤガヤ。と、Heidiが笑顔で地図をバックから出してきました。もちろん、地図には③のマークが(笑)。また、来た道をバイクを抱えて下って行き、チェックポイント3を目指し走りました。

チェックポイント3は、見渡しのいいフィールドの端っこで簡単に行くことができました。そこでは、SenjaとLiisaがライフルを持って待っていました。

チェックポイント3 : ムース(ヘラジカ)ハンティング

森の中にムースの顔がプリントされた3枚の写真があり、エアーライフルで的を撃つということでした。ちょうど今、ハンティングシーズンでハンターたちがこの森にも来ているそうです。危ないからとボート用の救命ベスト(しかも子供用)を着用。これは楽しかった^^ 
f0007785_6555954.jpg

ずいぶん人数も増えてきました。これで終わりかなぁ~と思っていたら、まだでした。またもやバックから地図が(笑)。次のチェックポイントへ向け、マウンテンバイクで走ります。救命ベストをつけたまま(笑)。
f0007785_6563642.jpg

今度は、またもや森の入り口。HenriとRichardが森の中で潜んでいました。

チェックポイント4 : フィンランドナイフで小枝からバターナイフを作る(制限時間20分くらい)

フィンランド人は、子供のころからナイフを使うそうです。たいていの男性は、自分用に数本持っているそうです。親からもらったり、プレゼントされたり。とりあえず、与えられたフィンランドナイフと小枝を使い、作り始めました。簡単なようで難しい。何とか時間内に形にし、みんなのOKサインをもらって終了です。
f0007785_6571867.jpg

すると、また地図が。まだあるの~・・・。また、バイクに乗って走ります。すると、煙が見えてきました。"何だ。地図を見るまでもないじゃん"とばかりに、道端にバイクを乗り捨て、森に入っていくと、2人の方が焚き火をしていました。近づいていくと、何やら変な格好をし、顔もすすだらけ、だまーってこっちを見ていました。思わず"やばっ、何か変な人?"と、後ずさりをしてしまいました。と、ビビッたわたしに話しかけてきたのは、JanとPäivi。彼らの格好ときたら、もう大笑いです!合流した同僚たちも大爆笑^^
f0007785_659921.jpg

チェックポイント5 : 木のてっぺんにあるククサ(白樺で作ったマグカップ)を登って取る

Janが草むらに隠してあった木登り用ツール(足に付ける金具と安全ベスト)を出してきて、わたしの体に装着。ククサは5~6mの高さにある細ーい枝に吊るしてありました。信頼できないヘンテコリンなツールを意を決して信じて登りました。登っているときは、かなり集中していたので気づきませんでしたが、ククサを取り辺りを見回すと、マジで高い(汗)。
f0007785_658871.jpg

地上に降りると、"これが最後のチェックポイントね。"と、また地図を手渡されました。

最終チェックポイント6 : ここは、今夜泊まるモッキ(コテージ)でした^^

モッキの前でTomが待っていて、みんなで集合写真を撮り、夕食の準備に取り掛かりました。総勢12人。みんなで夕食を作り、その後、2チームに別れ外でチーム対抗マウンテンバイク&竹馬リレーを雪の中やりました。負けチームは、湖に飛び込むという罰ゲーム付き(笑)。この時、雪、外気温マイナス5℃。女性はモッキのサウナ、男性は湖の前に建てられているスモークサウナに入り、みんな(男性のみ^^)で湖へジャッポーン。サウナの後は、モッキで朝まで音楽ガンガン、飲んで踊って騒ぎました^^
f0007785_7571974.jpg

f0007785_7575199.jpg

次の朝、髪の毛を爆発させ、ムクムク顔のみんなでしたが、一緒に朝食を作り食べました。そして、12時にはきっちり掃除をし帰路へ。

こんなサプライズは生まれて初めてでした。まったく知りませんでしたが、この日のために、何度もメールやミーティングをし計画を立てていたそうです。いやー、うれしかった^^ 本当にありがとう!
[PR]
by mashiz_t | 2007-12-06 06:35 |

セーリング

8月13日

午後から会社の同僚33人でセーリングに行きました。Helsinki のとなりの市Espooにある Lautasaariから4艘のセーリングボートに乗り、いざフィンランド湾へ出向です。目指すは、沖合いの小さな島です。

生まれて初めてセーリングボートに乗りました。この日は風が無く、島へ行くときはエンジンを使いました。波も無く、風も無く、ただボートの上でのんびりヘルシンキの町並みや湾に浮かぶ小さな島々、行き交う他のボートなどを眺めていました。島で夕食を取り、少し休んだ後、ハーバーを目指し再度出発です。帰りは、若干風があったのでセーリングができました。初めてのセーリング、やることが多いのにちょっと驚き、さらに風に押されると思っていたのに何だか引っ張られている感じでした。エンジン音がなく、風の音、水を切る音だけが聞こえてきます。何と言うか、とても不思議な心地よい、そんな気分でした。すばらしい体験でした^^
f0007785_2318532.jpg


夏休みのためしばらくblogお休みです
[PR]
by mashiz_t | 2007-08-17 23:19 |

サマーパーティ / Kesäjuhlat

8日、会社のサマーパーティがありました。4度目の今年は、Espooにあるセレナという冬はスパ付スキー場、夏はプールのホテルで開催されました。参加者約400人、今回のテーマは、"ブラジルコパカバナ"。

開催1週間前、社内個人メールボックスに航空券が入っていました。これが今回の入場チケット。航空券そっくりのレイアウトで、From 会社の正門 to Brasil copacabana、や会社正門を出発するバスの時間などがプリントされていました。結構こってます^^
f0007785_3483229.jpg

まず、大ホールにてCEO挨拶の後食事を取り、外ではいろいろなイベント、例えばサッカー(PK)、リンボー、ブラジリアンリズム、サンバ、カポエイラなどなどが楽しめるようになっていました。21:30ごろからDJ Georgeと生バンドでディスコナイトの始まりです。この辺りからお酒を十分いただいたフィンたちは絶好調。会場は2:00終了となっていましたが、さてどーなったことでしょうか。わたしは24:00に用意されたバスで帰路へ。
f0007785_3484644.jpg

今回は、最後のサマーパーティだったせいか、昨年秋から新しいポジションに異動したせいか、昨年末からのサリバンディのせいか、はたまた会社のウェブサイトに顔写真が載ってしまったせいか(笑)、かなり多くの方と話しができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。久しぶりに酔っ払った~(笑)!
f0007785_349345.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-06-10 03:49 |

アウランコ / Aulanko

今週は、世界中の販売代理店が集まりミーティング(RM2007)が開催されています。6日仕事が終わってから、日本から来られているO氏と一緒にハメーンリンナにあるアウランコへ行きました。アウランコにあるタワーからの眺めを是非お見せしたいというそれだけの理由で行きました。
夕方17時に会社を出発し、途中事故渋滞にはまりながらも何とか1時間程度で到着です。タワーは19時まで開いていました。何とか間に合った・・・(ホッ)。

この日は、30℃弱まで気温があがり、すばらしい青空の天気。そして、すばらしいフィンランドらしい風景が広がっていました。気に入ってもらえたかなぁ^^

ちなみに湿度は20%くらい。フィンランドのまさに夏。これで終わらないことを祈りたい(笑)。
f0007785_3205145.jpg

f0007785_3211236.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-06-08 03:22 |

home warming up party

6月2日、同僚Liisaの引越しパーティに呼ばれました。

19時から始まったパーティは大人のペアのみという引越しパーティでした。私がヘルシンキ本社で働くきっかけになったのが彼女の20ヶ月間の産休でした。つまり、彼女が産休を取らなければ私はフィンランドに来れなかったということにもなります。50人を超えるゲストに混じり、子供をキッズシッターさんに預け、我々夫婦もお呼ばれしました。夫婦だけでのお出かけは、ここ3年半で2回目です。というわけではないのですが、いろいろな職業の方と出会い、食事、お酒をいただきながら楽しいひと時を過ごすことができました。残念ながら写真はありませんが、日本では経験したことのないホームパーティ。帰国後、似たようなパーティを開催できればすばらしいなぁと。何人集まるかなぁなどと話しながら限られた時間を楽しみました^^
[PR]
by mashiz_t | 2007-06-05 02:42 |

EU sales meeting

22-23日とEU sales meetingがヘルシンキ本社であり、そのイブニングアクティビティでトゥースラ湖へ行くというので ・・・わたしは関係なかったのですが・・・ 便乗しました(笑)。

あいにくの曇/雨という天気でしたが、そこにはレストランや研修センターなどの施設があり、屋外にはコタ(kota)と呼ばれている昔のラップランドのテントがあったり、ダーツ、スモークサウナなどなど研修に来ている方々の息抜きに楽しめるようにいろいろなアクティビティが用意されていました。我々は、その湖で何やら伝統的な木の船に乗り、200mの競争をさせられました。昨年夏のドラゴンボートを思い出しながら・・・必死に漕いでいましたね(笑)。

たくさん動いた後は、レストランで遅くまでワイワイガヤガヤ、楽しいひとときでした。
f0007785_333763.jpg

f0007785_3332665.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-05-29 03:33 |

産休 / Äitiysloma

産休を取っていたマーケティングの女性・カタリーナが復帰してきました。それは、彼女が産休を1年間取っている間に代わりを務めていた女性・アルヤが辞めるということにもなります。

2005年10月に始まったわたしのプロジェクトのメンバーにカタリーナがいました。が、12月から産休に入ってしまったため代わりを探さなければなりません。といっても、そう簡単に見つかるわけもなくようやく翌年2月に一般公募で社外から入社したのがアルヤでした。レギュラータスクはもちろん会社についてもすべて一から覚えなければならない状況でプロジェクトのメンバー入り。その苦労は一緒にいてよくわかりました。その苦労が報われ、プロジェクトは2週間遅れで無事終了。彼女のそのプロフェッショナルな仕事ぶりにただ感謝するばかりです。そして今日、彼女は去っていきました。お礼の言葉と一緒にメンバーのサインが入ったカードを手渡しました。遠い日本やアメリカのメンバーからもサインを集めました。

彼女はしばらく休暇をとりカリブ海でセーリングを楽しむそうです。一定期間仕事をし、長期休暇を取り、また仕事をする。こういうライフスタイルもありなのかもしれません。
[PR]
by mashiz_t | 2007-01-27 05:49 |