カテゴリ:機( 10 )

航空博物館 / Suomen ilmailumuseo

11月23日ヘルシンキ・ヴァンター空港近くにある航空博物館へ行きました。フィンランドへの転勤が決まった2003年末、仕事上でお付き合いのあるフィンランド関係の方にフィンランドに住む日本人同僚の方を紹介していただきました。右も左も分からない我々のために、ヘルシンキの生活事情や日本人コミュニティ、日本語学校や日本人経営の保育園などいろいろな情報を教えていただき、"困ったらいつでも電話してください"と個人情報まで教えていただきました。本当に心強かった。その方とそのフィンランド人奥様と我々家族で、帰国前に会えればということで選んだのがこの航空博物館でした。

博物館には、実物の飛行機はもちろん、冬戦争の様子が分かる模型、さらに宇宙に関する展示物や映像もありました。中にはKAR-AIRやFinnair Convairなど懐かしい機種もそのまま展示されていて、キャビンも見学できました。

見学後、カフェにて4年間の思い出話しで最後のひと時を楽しみました。今日が最後ではない、とそんな思いからか、"ではまた"という言葉でそこを後にしました。
f0007785_4383052.jpg


f0007785_4385031.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-12-01 04:39 |

車が売れた / Auto on myyty

11月21日車が売れました。

2005年6月に同僚のSenjaから購入した Nissan Almera 1.6Si 。約2年と半年乗りました。車のおかげでたくさんのすばらしい思い出を作ることができました。ほんとーに楽しかった。この投資は無駄ではありませんでした。

フィンランドも来年から車の税金が変わるそうです。CO2エミッション量に対して税金が違うとか。これで少しは車が安くなりそうです。

さて、帰国したら何を買おーかなぁ~ ・・・ ^^
f0007785_355278.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-11-23 03:55 |

原付 / Mopo

毎度のことですが、なぜか忙しく、まったくのんびりできない一時帰国でした・・・。そして、これから約1ヶ月間の単身フィンランド生活が始まりました。スパゲティも満足に作れないだらしない私のためにと、妻は山ほどイージーフード(レトルトとかね^^)をスーツケースに詰め込んでおいてくれました。無事1ヶ月間持ちこたえられるか。blogの更新が止まったら危険信号・・・かな(笑)。

フィンランドでも日本のように原付自転車をよく見かけます。こちらでも細かいルールがたくさんあるようですが、ひとつ日本にはないルールがあります。さて、何だと思いますか?

答えは・・・
[PR]
by mashiz_t | 2007-10-04 03:51 |

大型二輪免許プロジェクト / Mottoripyörän ajokortin projekti

今年5月、密かに計画された大型二輪免許取得プロジェクト。そして、ついに7月26日無事合格です! うれしい~^^

日本の自動車免許を、来フィン後1年以内にフィンランドの自動車免許に変更申請しなかったため、テスト(セオリーと路上)を受ける羽目になり、余計な時間とお金と神経を使い何とか取得したのが2年前。そのとき、日本の中型二輪免許は申請しませんでした。なぜなら、12月で雪のためテストができなかったので(涙)。でも、やっぱりバイクに乗ってすばらしいフィンランドの夏を楽しみたい!しかもついでに大型二輪取っちゃえ。 と思い、計画、そして今年6月私の嫌いな場所AKE(ajovarma / テストするところ)へ申請に行きました。

フィンランドのオートバイ免許のカテゴリーは日本とちょっと違います。"A" がオートバイ免許のカテゴリー表示で内訳は、

A1:小型二輪
A:<25kw+21歳以上
A2:>25kw馬力(>35kw for test)

すると、まず必要書類を持って警察へ行き、手続きをしてください。とのこと。これは予想通り。そして、警察にて申請。その後、再びAKEへ行き、PCによるセオリーテストの予約。予約で一杯なので2週間後の6月27日。そして、合格後、オートバイを持っていないので近所の教習所へ行き相談することに。教習所の方が"テストの前に練習した方がいいんじゃない"と。それはごもっともな意見です。ということで、インストラクターと相談し、1セッション25分を4回、2日間に分けて取ることにしました。さらにAKEのテスト日の予約もしてくれるということでお願いしました。ちょっと整理するとこんな感じ。

教習所(Ajokoulu):
 - 練習25分x4回
 - 教習車レンタル(カワサキの650cc)
 - テスト日の予約と書類作成等

テスト内容:
 - 技術テスト(スラロームや急制動など6つの異なった技術テスト)
 - 路上テスト(30分間の路上テストでモーターウェイ含む)

テスト日は、インストラクターの教習予約状況や私の夏休みなど、うまく予定が合わず、結局4週間後の7月26日となってしまいました。そして、テストの2日前に技術テストの練習を2セッション分行いました。実は、バイクレースを止めて12年、公道バイクは・・・6,7年前に1回乗ったのが最後(汗)。ちょっと、というか、かなり不安でした。が、まったく問題なし!かなり楽しんで乗れました^^
残りの2セッションは、テスト直前に技術テストのおさらいと路上走行をしました。練習(テストも)では、無線イヤホーンでインストラクターの指示を受けます。
テスト本番、インストラクターも一緒にAKEまで来てくれました。さらに英語の話せる試験官を予約したからとすばらしい気遣いです。やはり試験官、笑顔がありません・・・。自動車免許のときと一緒だな、チッ!と心で思って笑顔で"terve"と。
技術テストの要所要所、例えば急制動の40km/hや一定スピードキープ40km/hや30km/hなどで、スピードガンを使用していました(汗)。その後、路上テストです。試験官は、私の後ろを車で付いてきて、無線を使って方向を指示します。30分程度の路上が終了し、AKEに戻り評価です。特に大きな問題はないとのこと。ただし、街中の走行がちょっと速いというかクイックだと注意されました。そして、その場でテンポラリーの免許証(紙っ切れです)をもらい無事終了。

もう8月に入ってしまい、さらに雨が多い今年の夏ですが、残りの夏をバイクで走るぞーと、ただいま絶好調にハッピーな私です。でもバイク持ってないんだよね(笑)。 Jännittävää !

自分への記録:
 - 警察への申請40ユーロ (写真、日本の免許証、免許証の翻訳書、フィンランドの免許証、健康診断書)
 - 教習所198ユーロ(練習25分x4、テスト本番用バイクレンタル、テスト予約その他)
 - AKE セオリーテスト34ユーロ (by PC/英語、フィンランド語、スウェーデン語から選択)
 - AKE 技術+路上テスト 33ユーロ
[PR]
by mashiz_t | 2007-08-01 04:26 |

フィンランド的 ... ? / Se on suomalaisen ... ?

近所にフィンランドのハンバーガーチェーン・Hesburgerがあります。そこに"Hese Autopesu"という新しい看板がかけられました。Autopesu ... えっ、洗車場?? ドライブスルーの洗車場ができたのです。

フィンランドでは、環境問題から、やたらその辺で洗車ができません。通常、ガソリンスタンドかショッピングセンターの駐車場に洗車場があり、そこを利用します。しかも高い。洗車機は、15ユーロくらいからスタート、オプションと共に値上がりします。長い冬の間、融雪剤のまかれた道路を走ると、車の塗装が痛み、腐食が進みます。やはり洗車はかかせません。

車から降りず、ドライブスルーで洗車ができるのはフィンランドならではのアイデアなのでしょうか。このアイデアよりも、ハンバーガーショップと洗車場という異業種コラボの方がわたし的には新鮮でした。

これって、どこの国でもあるのでしょうかねェ~。
f0007785_436244.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-03-08 04:36 |

ドライビングテスト

今朝は快晴、マイナス11℃、道路はテッカテカのツルツル。そんな中、フィンランド運転免許証の取得するためのドライビングテストがありました。この時期、朝夕は真っ暗なので、11時スタートを予約。

ちょっと時間があったので、フリーウェイ(とは呼びませんが、100km/hの片側2車線道路)で練習。といっても、今までフツーに運転していたので今更練習もなにもありませんが。ところが、地平線からちょっと上にある太陽の光がピカピカーンと運転の邪魔をするではありませんかー、"しまったー、太陽高く昇んないんじゃ~ん・・・午後にしとけばよかった"と不安を残しながら、とりあえず指定場所へ。

結果...
[PR]
by mashiz_t | 2005-12-22 20:29 |

車が凍る

帰宅後、近所のショッピングモールへ買い物に行こうと駐車場まで行くと、車が凍っていました。まだ鍵穴は凍ってなかったのでドアは開きましたが、メシメシメシといういやな音がしました。フロントガラスはもちろんバキバキに凍りついていて、暖機すること10分、ようやくちょこっと前が見えるようになったので、OK出発~。いつまで経っても十分前が見えないので、おかしいなーと思ったら、なんとフロントガラスの室内側の氷が解けて濡れていたんです。ん~、日本でもこうだったのか...?
[PR]
by mashiz_t | 2005-11-16 18:17 |

タイヤ交換 + ヒーター

フィンランドでは12月1日から3月末まで冬タイヤを装着しることが義務付けられています。今日はJanの家で一緒に交換しました。

フィンランドの冬はとても寒いためエンジンが温まるまで時間と燃料を費やさなければなりません。そのため、エンジン始動前にエンジンを温めておくというシステムがあります。駐車場でよく見かけるのが電気スタンド。このスタンドにはコンセントがあり、専用ケーブルで車に接続できます。f0007785_23524716.jpg
[PR]
by mashiz_t | 2005-10-29 18:30 |

ユバスキュラ ラリー

ラリーレースの観戦にユバスキュラへ行きました。

観戦前日、同僚のAnteroさんのサマーハウスへ泊まらせてもらい、次の日Anteroさんの娘さんと一緒に3人で行くことにしました。サマーハウスはユオッツというユバスキュラまで車で約40分程度に位置する小さな町です。

とても良い天気にも恵まれ、多くの人が観戦に来ていました。我々は昨夜決めたステージに直行し、幹線道路からちょっと脇に入った小道に車を止め、会場まで歩いていきました。会場と言っても見晴らしのいい丘陵地帯に駐車場、露店のテント、VIP用のレストランなどなどがあり、その間にラリーコースがあるという感じです。サーキットとは違い、森の中を走るためこのような場所が観戦ポイントとなるのかなぁというのが最初の感想でした。

この観戦ポイントには多くの人がすでに場所取りをしていたため、最初の数台が通過するのを見て、その後森の中を数キロ歩き、他のポイントで観戦をしました。そこは、レースカーが真横で通過するくらいコースに接近できる場所で、石が飛んであたるくらい近いところでした。

そのステージが終わり、次のステージに移動しようと車に乗り込みましたが、幹線道路の渋滞と、暑さで観戦を中止し、ユバスキュラのダウンタウンへ行くことにしました。そこにはパビリオンがあり、パドックも見学できました。

帰りはVR鉄道でヘルシンキまでひとりで帰る予定でしたが、電車の時間を間違えてしまい乗り遅れ、しかたないので次の電車(2時間半後)を待ち夜中2時に帰宅。次回は車で行こうと固く心に誓い、就寝。

ユバスキュラ ラリー
[PR]
by mashiz_t | 2004-08-07 07:01 |

- フィンランドの公的乗り物 -

まず乗り物ですが、日常使用する公的乗り物として基本的にバス、電車、地下鉄、トラム(路面電車)があります。これらのチケットは共通でさらに定額料金です。市内であれば1.6ユーロ(くらい)、市外まで行く場合は2.3ユーロ(だったかな?)で、1時間以内であれば乗り換え自由です。例えば、私の最寄の駅(ヴァンタ市)からヘルシンキ市内の動物園まで行くとすると、まずVR(フィンランドの鉄道)に乗り、ヘルシンキ中央駅で地下鉄(メトロ)に乗り換え、さらに4つ目の駅でバスに乗り換えます。時間にして1時間弱ですが2ユーロちょっとで行くことができます。

f0007785_5491363.jpg

f0007785_5494770.jpg

料金をおぼえていないのはトラベルカードと呼ばれている電子マネーカード(JR東日本のスイカカードと同じです)を使っているからです。フィンランドでは駅に改札がありません。料金は、バス、鉄道、トラムでは社内で車掌や運転手から購入し、メトロは駅にある自動販売機で購入します。または私が活用しているトラベルカードを黒いボックス(改札みたいなものですね)にタッチして1番(市内)か2番(市外)のボタンを押して乗ります。それぞれ写真があるので参照してください。
f0007785_5501373.jpg


f0007785_5502786.jpg改札がないので無賃乗車が可能です。ただしばれると50ユーロの罰金を支払わなければなりませんが。実は先日黒いボックスにカードを通すのを忘れてしまい、メトロに乗ってしまいました。こんなときに限って検札があり、さんざん言い訳をし、ボタンを押したと言い切り何とか市内料金を徴収されただけで済みました。外国人ということで仕方がないとう感じだったのでしょう、きっと。ゴメンナサイ。f0007785_5504495.jpg

f0007785_5505860.jpgまた、ベビーカーと一緒に乗ると大人も子供(ベビーカーに乗っている)も無料となります。これもまたとてもナイスなシステムです。
[PR]
by mashiz_t | 2004-04-02 06:27 |