カテゴリ:事( 36 )

メリークリスマス / Hyvää joulua

ここ数週間、引越しに関係する事以外で、連日来客やお呼ばれが続いています。全てを記録に残せないのがとても残念。カイジュウ君は、"もう、さよならを言いに行くのはいや"と、お出かけを拒否し始める次第・・・。

そんな中、23日夜、IlkkaとEeva宅へクリスマス準備を手伝いに行きました。クリスマスツリーの飾りつけをしたり、joulutorttu(クリスマスタルト)やpiparikakku(ジンジャークッキー)を作ったりと楽しい時間を過ごしました。途中、玄関のベルがなり、カイジュウ君が見に行くと、プレゼントが置いてありました。カイジュウ君は、"サンタさんが来たんだよ"と、おおはしゃぎ。忙しい日々のちょっとした息抜きになったかな^^ 出国まで1週間を切りましたが、もう少し忙しい日々が続きそうです。

Hyvää joulua!
f0007785_5193014.jpg

f0007785_5194826.jpg



*コメント残せずゴメンナサイxx)
[PR]
by mashiz_t | 2007-12-26 05:22 |

サンタルシア

12月13日今年もヘルシンキダウンタウンで行われたサンタルシアを見に行きました。昨年同様、夕方同僚のLiisa家族とストックマン前で待ち合わせ。今年は、雨も降らず星が見えるほどのいい天気。でも、ちょっと寒かった。

その後、ヘルシンキ中央駅にて、なんと、母と妹の到着を待ちました。そうです、この場に及んで母と妹はまたフィンランドに来ました。し、信じられん・・・。ヘルシンキ中央駅にて待ち合わせ、その場で夜行列車のチケットを手渡し、ロバニエミへ行きました。ヘルシンキに戻ってきたら、引越し手伝えよ!
f0007785_6495183.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-12-16 06:49 |

誕生日

12月12日 カイジュウ君 6歳になりました^^ おめでとう!
f0007785_22252881.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-12-15 22:25 |

初めて寿司を作る

11月16日現ボス LATU 宅へ行きました。2度目の訪問ですが、やはりナイスな場所、家です。実際、ボスとは言わずスーパーバイザーというのが正式名称で、役割もわたしが所属していた東京オフィスの"上司"とはだいぶ違い、メンター的な存在です。とくに仕事への指示はなく、困ったときの相談役、といった感じでしょうか。東京オフィスもこうあってほしいなぁ~・・・。

今日は、LATUの希望でみんなで寿司を作ることになりました。材料は、近くのスーパーマーケットで調達したのですが、こんなんで寿司が作れるのかとLATUご夫婦、驚いた様子^^ まー無理もありません。とりあえず、持参した炊飯器で米を炊くところからスタートです。が、まずこの炊飯器に興味津々、先に進みません(汗)。そして、何とか面白おかしく寿司作り開始です^^ その光景は、クッキングというより何というか大人の工作でしたね(笑)。子供たちは、現在フィンランドで公開中の魔女の宅急便のDVD(フィンランド語吹き替え)を仲良く見ていましたが、時折、おなかがすいたとキッチンへ来ては、目をまん丸にして"何これ~"と。特に海苔にはビックリだったようです。出来上がった寿司はチーズの横に並んでいました(汗)。そして、ワインと一緒に美味しくいただきました。またフィンランドに寿司ファンが増えました(笑)!
f0007785_445468.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-11-30 04:45 |

トゥースラ 学校乱射事件

11月7日TuuslaのJokelan kouluにて18歳の男子生徒による乱射事件が起こりました。女子生徒2人、男子生徒5人、校長先生1人を射殺し、さらに自らの頭部を撃ち自殺を図ったそうです。2日経った今もなお、TVニュースでは連日報道が続き、国会でも議論が続いているようです。比較的安全と言われているフィンランドですが、この事件でその安全神話が崩れてしまうのでしょうか。幼稚園とはいえ、息子を現地施設に預けている親としては、衝撃過ぎる事件ですし、他人事ではありません。
[PR]
by mashiz_t | 2007-11-10 04:12 |

結婚式 / Häämenot

7月7日、同僚でもあり友人でもあるフィンランド人の結婚式に参加しました。

新婦は日本人。わたしが来フィンした2004年1月、新郎、新婦、そしてわたしは別々の友人・知人を通してヘルシンキダウンタウンのある家で会いました。その集まりは、ロシアのサンクトペテブルグへ週末旅行へ行く人たちの事前打合せ+顔合わせでした。・・・と、これが、彼らの出会い。そう、結婚への第一歩だったのでしょう。

という出会いから恋人時代、そして婚約、新婦の来フィン後の生活、結婚までを知っているのはわたしくらい(?)という理由なのか分かりませんが、光栄にも Best man を務めさせていただきました。といっても、下準備はすべて新郎新婦が自ら行い、わたしは例のbachelor partyと結婚式当日のお手伝い程度です。

13時。ヘルシンキにある岩の教会(テンペリアウキオキルッコ)にて結婚式が行われました。観光客が多いこの教会ですが、もちろんその間、シャットアウト!立ち入り禁止です。わたしはベストマンなので新郎側の一番前の席に座り、出番の合図を待ちます。・・・が、いきなり間違えました(汗)。ゴメン!
f0007785_5284251.jpg

教会での結婚式の後は、ゲストをバスに乗せヘルシンキダウンタウンのツアーに行きました。ゲストは、日本人、フィンランド人、ギリシャ人、タイ人、ドイツ人、スウェーデン人の6ヶ国。わたし(日本語担当)と新郎の弟君(英語担当+タイ語)がガイドです。45分のツアーでしたが、多数の見所があり、ガイドは思ったより大変。バスは止まることなく進むので、英語と日本語の両ガイドが終了する前に次のポイントへ。といった感じでした(汗)。 / 早口でよく分からなかった(怒)・・・from my wife ・・・ゴメン!

ヘルシンキのハーバーから小さな船に全員乗り換え、披露宴会場のある世界遺産の島・スオメンリンナへ向かいました。船の中では、みなさんようやく飲み物にありつけたとばかりにアルコールを飲んでおりました(笑)。しかも弟君の持ち込み。クーラーボックス2個。ホントーにこの国、何でもありだな!

披露宴会場は、こじんまりとした木造の黄色い外見のレストラン。中も、これといって派手なデザイン、内装、飾りつけは無く、とてもシンプルでフィンランドらしい。そして、入り口では新郎新婦とそのご両親がゲストを出迎え、最後に我々家族が入りました。そして、ついにこのときがきてしまったのです。そーです。披露宴開始のベストマンのスピーチ。 //実は、新郎からメモはもらっていたのですが、どうしても自分の言葉にしたかったので前夜に内容を変更したのです。が、そう簡単にはいかず、考えて考えて考えて・・・結局午前2時。何とか、作った内容を頭の隅に押し込んで就寝。// ・・・ みなさん、席に着きました。緊張はピークでしたが、フォークでワイングラスを映画のワンシーンのように鳴らし、"カンカンカン" ... "Good afternoon. Ladies and gentleman. Welcome to ... . " 無事スピーチ+祝福の乾杯は終了しました。新郎新婦からも"OKサイン"いただきました(ホッ)。
f0007785_5291061.jpg

披露宴は、まず席順が日本と違うことに気が付きました。新郎新婦の席に一番近いのが両親、親戚のテーブル、次に親友・・・。日本と逆ですね。そして、ベストマンのスピーチの後は、スピーチしたい人がする、余興をやりたい人がやる、といった具合で、何のスケジュールもありません。ゲストは、前菜を食べ終わると外へいって友人と話している人もいれば、バーへ飲み物を取りに行く人などバラバラ、そしてメインが来るとまた席に戻る。といった感じ。20時からカラオケ機器を業者が運び入れて、カラオケの始まり。これは、日本的にという新郎のアイデアらしい。そのころになると帰り始める人もいました。
f0007785_5294389.jpg

そして、そして、23時ころには新郎新婦も帰宅。メインがいなくてもカラオケは続きます(笑)。午前1時、ようやくカラオケが終了し、最後まで居たゲストは船でヘルシンキダウンタウンへ戻ります(わたし含む)。そして、まだ続きます(笑)。ここからいくつかのグループに別れ、クラブやバーへ消えていきました。わたしを含む7人(?)はあるフィンランド人の家になぜか向かい。朝5時まで飲み、歌い、騒いでいました。13時に始まった結婚式+披露宴は、翌日午前5時に終了です^^

日本とは違った結婚式+披露宴でした^^

本当におめでとう!!
[PR]
by mashiz_t | 2007-07-13 05:29 |

白夜 / Keskiyön aurinko

白夜とは、真夜中になっても薄明になっているか、または太陽が沈まない現象のこと。(ウィキペディアから抜粋)

天気予報では、赤枠のように表現されていました。また、夜の天気(下段の絵)には月ではなく、太陽のマークです^^
f0007785_3344049.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-06-29 03:28 |

5月1日 / Vappu

日本ではあまり気にしなかった5月1日・メーデー。フィンランドではとても重要な日でヴァップ(Vappu)と呼ばれています。

4月30日夕方ヘルシンキ周辺の人たちはぞくぞくとダウンタウンのエスプラナーダやマーケットプレイスに集まります。Vappuの前夜祭です。エスプラナーダ公園とマーケットプレイスの間にある女性の銅像。カウントダウンが始まり、18時にその銅像へ白い帽子をかぶせ、Vappu(のお祭り)が始まります。と同時に、集まった人々も自分の白い帽子をかぶり、シャンパンで乾杯です。
思えば3年前はこんなでした^^
我々は、JG家族とJUHI家族と一緒に銅像のすぐ横で乾杯しました。しばらくその雰囲気を楽しみ、JG家族と一緒にムンキニエミにある湾沿いのホテルでVappuディナーをいただきました。夕日がきれいなしずかなレストランです。と言っても、日没は21時過ぎですが。
f0007785_43582.jpg

f0007785_4423469.jpg

翌日5月1日・Vappu 。毎年恒例、ヘルシンキのカイボプイスト(Kaivopuisto)公園へピクニックです。さすが4度目のカイボプイスト。慣れたものでお弁当にピクニックシート、ヴァップの飲み物のシマ、もちろんスパークリングワイン(笑)などなど準備はバッチリ。12時に到着したときにはもうたくさんの人であふれていました。今日もJG家族と待ち合わせ、一緒にヴァップを祝いました。わたしはフィンランドの大学を卒業していないので白い帽子をもっていません。代わりに昨年同様、白青ストライプのバイキングハットをかぶり楽しみました。しばらくすると知り合いが入れ替わり立ち代りやってきて、その度に乾杯です(笑)。わたしは、フィンランド建国90周年記念で販売されたSUOMIというスパークリングワインを持っていきました。
f0007785_4362076.jpg

皆がアルコールやジュースなど持ち込むため毎年大量の空き瓶・空き缶が公園に捨てられます。今年は、ヘルシンキ市の後援で指定のバック一杯の空き瓶や缶を集め回収所へ持ち込むと映画のチケットと交換してくれるというキャンペーンが行われたそうです。たくさんの子供たちが大きな白いバックを担いで"このビン空いてますか?"と歩き回っていました。すばらしいキャンペーンですね!
f0007785_437435.jpg

また、昨年までなかった新しい大型のゴミ箱も公園内に用意されていました。が、おそらく簡易用BBQセットを捨てたのでしょうか(?)中から煙が・・・そして火事となり消防車が出動していました。違う場所の同じゴミ箱も一部真っ黒になっていたので同じことが起きたのでしょう、きっと。このゴミ箱はちょっと失敗のようです。
f0007785_4372613.jpg

公園を後にした我々は、北エスプラナーダ通り沿いのカフェでお茶をし、Töölöに住んでいるJGのお母様の自宅へVappuのお祝いに行きました。とても典型的な天井の高い古いフィンランドのアパートに愛犬シェパードと暮らされていました。おそらく70歳後半であろうと思われるお母様はわたしと英語で話しをしてくれます。スウェーデン系フィンランド人なのでスウェーデン語は話されるのでしょうが、英語も達者でした。とても驚きです。我が父・母はハローしか言えないのに・・・。わたしのアパートに住んでいるご年配の方々も英語を普通に話します。英語を話せればすごいのか、偉いのかと言われればよく分かりませんが、少なくともわたしのように来フィン当初日本語と英語しかわからない外国人にとってはとても重要なことでありがたいことではないのかなぁと思います。きっと日本に住んでいる外国人も言葉の問題抱えてるんだろうなぁなどとふと思うときがあります。日本の人口が減少し始めたと聞きましたが、近い将来日本も外国人労働者の数が増えるのかなぁ・・・。

さて、4度目のVappuが終了しました。そして、これが最後のVappuです。そのような気持ちがどこかにあったからなのでしょうか、飲み過ぎ食べすぎの1日、いえいえ2日でしたが、4回の中で一番楽しかったように感じます。帰国後もゴールデンウィークを利用してまた来るかもしれないよ~なんて話しをしていましたが、本当にその日が来るかもしれませんね(笑)!

Hyvää Vappua!
[PR]
by mashiz_t | 2007-05-02 04:40 |

新年会とディズニーオンアイス / Uuden vuoden juhlat ja Disney on ice

27日の日本女性会新年会と28日のDisney on iceが無事終了。思えば昨年はこんなでした(笑)。

3回目の参加となった新年会。今年は体調も良く ? ・・・ 腰痛でした(汗) が、食べて飲んでおしゃべりして、さらに恒例となっているくじ引きでは3割を超える当選率で商品をゲット、ようやく3度目にして楽しませていただきました(笑)。

そして翌日のDisney on iceも親子3人で観ることができました。カイジュウ君が目をまん丸にして見入っていて、役者さんに手を振り返したり、スケートの演技に拍手したり、時には立ち上がったり、涙したり、わたしの手をギュッと握り締めたりというとても自然で素直なリアクションにちょっと感動してしまいました。彼はまだ、ぬいぐるみの演技を楽しくみているような年齢ですが、今回はそれ以上にスケートや音楽に合わせて役者が踊るミュージカル、つまりストーリーの場面場面に心奪われるような感受性を持つようになったのかなぁと、ちょっとうれしくなってしまいました。連れて行ってよかった。

f0007785_447313.jpg
 
[PR]
by mashiz_t | 2007-01-29 04:47 |

サンタルシア / St.Lucia

毎年12月13日にはサンタルシア祭がヘルシンキダウンタウンで行われます。一度日本でスカンジナビアクリスマスパーティに出席したとき、オープニングがサンタルシアでした。とても印象に残っていて是非フィンランドで見たいと・・・、3度目の正直でしょうか、ようやく今年見に行くことができました。

ルシア祭は、たくさんの子供たち、アイスランドの馬、さらにメインのろうそくの冠を付けた白い衣装の少女の列が18:00大聖堂(トゥオミオキルッコ)を出発しダウンタウンをサンタルシアの歌を歌いながら行進します。この日は、残念ながら雨でした。それでも多くの人で道は埋まっていました。
f0007785_4431224.jpg


f0007785_4433667.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2006-12-15 04:43 |