Himos 2006

2月10日~12日までHimosへスキーに行きました。

今年も会社の有志が約60人集合し、スキー場の頂上にあるコテージ群を貸切、2泊3日の恒例 Himos ski です。





金曜日16時過ぎ、会社を出発し、19時ごろ一足遅れて合流。コテージは、5人のフィン男+1人のフィン女+わたしでシェアし、3日間のサバイバルが始まりです。とりあえず、合流後、まずビール片手にサウナ(笑)、そのままコテージの外に出て、・・・またサウナ(笑)。
f0007785_5342557.jpg←コテージ



初日の夕食は、パスタ。中身は、貝殻の形のパスタ、マッカラ(ソーセージ)、たまねぎ、真っ赤っかの唐辛子、なんかしらない香草+白ワイン。ちょっとギリギリの辛さでしたが、好スタートと言って良い初日。と思いきや・・・、Himosの夜と言えば、パーティです。今年もコテージの一角にあるレストランを貸切、パーティが"もちろん"ありました。レストラン入口で、(これもいまだによくわからん)変な格好をしたフィンがサルミアッキコス(サルミアッキ+コスケンコルヴァ)というお酒をみんなに配り、笑顔でもらって、一口飲んで、その辺に"ジャー" ゲ~マズxx) パーティは毎度のように飲んで踊ってときっと夜中まで続いたことでしょう。わたしは、12時ごろ撤退し、他のコテージを転々とし、1時30分には夢の中。
f0007785_5345391.jpg←初日の夕食


f0007785_5352828.jpg←サルミアッキコス


f0007785_535561.jpg←パーティ



土曜日は、すばらしい天気に恵まれ、絶好のスキー日和となりました。昨年までは、北Himosと西Himosがあり、その間が工事中だったため、スロープ間は連絡バスでしか行くことができませんでしたが、今年は新しいスロープもでき、すべてのスロープをリフト乗り継ぎで行くことが可能となりました。ここには、日本でいうペアリフト(2人で腰掛けて乗るリフト)が一基しかなく、あとは、Tバーです。日本でも蔵王とかにはありますが、あまりポピュラーじゃないんじゃないかなぁ・・・と思いますが。日本のような腰掛リフトを使用しない理由はわかりませんが、Tバーはとてもフツウのようです。というのも、その新しいスロープにも新品のTバーしかありませんでした。
f0007785_5363497.jpg


f0007785_5365611.jpg←^^


f0007785_53729100.jpg>←スキー場にはLaavuと呼ばれているちょっと休憩できるログハウスがあり、勝手に火をおこしてソーセージなど焼いて食べれます。




この日の夕食は、昨年同様"メキシカンナイト"と題して、チキンファフィータでした。本当は"tempura"というリクエストを頂いていたんですが、・・・きっぱり断りました。日本でも作ったこと無いのに、しかもログハウスでなんて・・・。というのも、昨年はカレーを作り、これが意外と不評ではなく、さらに、日本へ出張へ行った人が"おいしいテンプラ粉"を買ってきたというのがことの始まり。"おいしい天婦羅は、おいしいテンプラ粉ではつくれないんじゃい!"と日本語で言ってやりました(爆)

最終日は、曇+雪。午後1時まで滑り、帰路へ。途中寄ったレストランで、ちょうどトリノオリンピックのスノボーがTVでやっていたので、見て帰りました。フィンは銅メダル。日本は予選落ちでしたね~(悔)。がんばれ~ニッポン!

もう今年で3回目の参加とあって、かなり余裕のサバイバルゲームのHimosでした。
[PR]
by mashiz_t | 2006-02-17 04:39 |


<< Cafe Carusel Ystävän päivä >>