ミュールマキ教会

ちょっと買い物のついでに、今年のクリスマスイベントをチェックしに、自宅の目の前にあるミュールマキ教会(myyrmaen kirkko)に寄ってみました。ので、この教会について少々書くことにします。

f0007785_7174588.jpgフィンランドはデザインに関しても世界的に有名な国で、アルヴァ・アールトという名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この教会は、ユハ・レイヴィスカという建築家が設計した教会だそうで、"あかり"をたくさん取り入れた、光の教会として有名な教会だそうです。そのユニークなデザインは、教会らしくない外観に限らず、その内部にも現れているように感じます。照明デザインや照明の配置、特に自然光の取入れ方に目を奪われてしまいます。
f0007785_7193494.jpg
ヘルシンキダウンタウンから近いということもあってか、この教会は、国内に限らず、ヨーロッパ諸国、または日本からも多くの建築デザイン等に携わっている方や観光客がよく訪れるようです。ちなみに、教会は、ヘルシンキ中央駅からVRのMラインに乗り、Louhela駅で降りると、目の前にあります(約17分)。たまに、Myyrmaki(ミュールマキ)駅周辺で道を尋ねられることがありますが、Myyrmaki駅の次の駅ですのでご注意を。f0007785_722691.jpg

Hameenkyla教会もすばらしかったので、次回書くことにします。
[PR]
by mashiz_t | 2005-12-04 23:37 |


<< ちょっと早いクリスマスパーティ 珈琲 >>