カウニスサーリ / Kaunissaari

8月12日、友人とヘルシンキから約130km東にあるコトカ(Kotka)に行きました。ここは、昨年カレリアへの旅で一番最初に訪れた場所。今回は、このコトカから船で約1時間で行けるカウニスサーリへ行きました。12:30コトカハーバーを出発。18:30カウニスサーリハーバーを出発という予定です。

カウニスサーリとは、美しい島という意味。その名前に惹かれた我々は、何とかフィンランドにいる間に行きたいと願っていた場所でもありました。

フィンランドのアーキペラーゴエリアも含め、沿岸の島々は岩の島が多いと思います。が、このカウニスサーリは、島全体が森という印象を持つ島でした。松や白樺の森で、近所の森と何ら変わりません。上陸後まず、島全体が書いてある地図・・・というか大きな看板を発見。ハーバーから約2.2kmにあるビーチに行くことに決定。途中、ミュージアムに立ち寄ったり、ブルーベリーやラズベリーもたくさんあり、食べながら森を歩いて行きました。また、森の中には、家やコテージがあり、そこで生活している人がいるということがわかりました。
f0007785_4291951.jpg

ビーチは、一応砂浜。しかも白いうか肌色、黒くありません。また、大きな岩もゴロゴロ。さらに誰もいない。水は冷たかったので泳ぎませんでしたが、カイジュウ君は、友人と一緒に砂の城を作って遊び、我々は浜辺でゴロゴロして過ごしました。

じっくり島を調べた訳ではないので何とも言えませんが、わたしの印象とこの日行き見たところで言える限りでは、"カウニスサーリ"という名前からわたしが想像していた島とは違った島でした。といって、「どんな島想像してたんだ」 って聞かれても困るんですけどね(笑)
f0007785_430484.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-08-14 04:16 |


<< セーリング ネステラリー / Neste ... >>