ネステラリー / Neste oil rally

8月4日、今年もユバスキュラ(jyväskylä)で開催されたWRC ワールドラリーチャンピオンシップ フィンランドラウンドへ行きました。今回も前回同様、ヤムサ(Jämsä)のSS16(Ouninpohja)で観戦です。13:27分スタートの1時間前に到着しましたが、もうすでに多くの人で一杯。まずは腹ごしらえとマッカラ(ソーセージ)にレットゥ(フィンランド版クレープかな?)を食べ、観戦ポイントを探しに人込みを歩きます。ここオウニンポフヤは、全長33km+@でジャンプポイントありの有名なスペシャルステージ(SS)。今日はSS14とSS16の2回走行があります。我々は、森と森の間に広がる丘の森を抜けた登り、90度コーナー、そして直線を一望できるポイントで観戦しました。この週の月曜日と火曜日に雨が降り、地面がグチャグチャ。さらに人込みの中とあって、すごく湿気が多く暑かったです(汗・・・)。

ヘリコプターが飛び、0カー(サービスカー)が走り、いよいよスタート。1年ぶりの歓声、爆音。そして、フィンランド人ドライバーが続き、フィンランド国旗が会場一杯に。いや~、雰囲気にのまれました。ドキドキしました。

そして、トップドライバーが走り去ったので、ユバスキュラ駅横にあるパビリオンへ向かおうと駐車場へ戻りました。と、何やら見てはいけない光景が・・・。駐車場は、緩やか~な丘陵地帯の仮設。というか、ただの野原。みなさん、緩い地面にスタックしています ・・・つまり、泥にはまり動けず抜け出せません(汗)。わたしも恐る恐るキーを差し込み、いざ出発 ・・・できません(涙)。そして、その辺の人に助けてもらい、次は私が別の方を助け、... が何台か続きました。が、次から次へと他の車がスタックし終わりがありません。抜け出せても、メイン道路での交通規制によりそこへ出るまで渋滞。

オウニンポフヤからユバスキュラまで約1時間走り到着したパビリオンでしたが、今年はピットエリアに立ち入ることができずちょっと期待はずれ。あまり楽しめませんでした。仕方が無いのでパビリオン内をブラブラし帰ることにしました。

おそらく最後の観戦になるだろうフィンランドラウンドでしたが、とても楽しめました。カイジュウ君は、昨年よりラリーというものを理解できたようです。これが一番良かったかな。帰りの車の中で"ブーン、ブーン、パンパンパン・・・"と、呪文のように唱えていました(笑)。
f0007785_404114.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-08-07 04:01 |


<< カウニスサーリ / Kauni... 大型二輪免許プロジェクト / ... >>