ベルギー・オランダのたび 7日目と最終日

7日目 4月5日 アムステルダム

さて観光最終日となりました。今日は、アムステルダム中央駅から電車で約20分程度で行けるザーンセ・スカンスという風車村へ行く予定でした。しかし、ロッテルダムでキンデルダイクへ行くことができたので予定を変更し、動物園・水族館・プラネタリウムが一緒になっているアルティスへ行くことにしました。
f0007785_5283030.jpg
↑クリックでちょいデカ

トラムで行けばすぐ着くところを我々はアムステルダム市内を散歩しながらアルティスへ行くことにしました。今日もとてもいい天気。絶好の散歩日和です。朝食を済ませ、そのままダム広場方面へ歩き始めました。やはり、アムステルダムも朝はとても静か、清掃車だけが忙しそうにゴーゴー音を立てながら人通りの少ない歩道や道路を掃除しています。ダム広場を過ぎ、そのままムント広場へ向かい、そしてレンブラント広場へ。レンブラント広場からマヘレのハネ橋を目指します。この辺りからショップやレストランが減り、住宅街になってきました。建物は壁つながりになっていて、どれもこれも入り口のドアが細くて長い。さらに一段上か下にありました。窓も目線だったり、見下ろす位置にあるので部屋の中を見てしまいます。雨戸が木の開閉式だったり、木でできた子供を載せるスペース(シート?)がついている自転車を見かけたりと何気ないものがとても楽しかった。
f0007785_5284562.jpg

f0007785_5291111.jpg

アルティスまでは約1時間30分散歩しました。そして、ゲート近くにあったカフェで早めの昼食(2度目の朝食?)を取りちょっと休憩。とてもローカルで古いカフェ。夜はバーになり地元の人で込み合うのでしょう。インフォメーションボードにはたくさんの張り紙がありました。

アルティスはプラネタリウムや水族館、自然博物館などが一緒になっている複合動物園でした。地元の小学校の社会科見学だったのでしょうか、たくさんの子供たちが訪れていました。園内には、子供が遊べるスペースが数箇所あり、たくさんの遊具で遊ぶことができます。カイジュウ君は、動物を見て、遊具エリアへを繰り返しておりました。途中、またもや発見した遊具エリアでカイジュウ君は遊び、我々は休憩していると、小学生軍団に"一緒に写真を撮ってください"と頼まれ、"きっと、「野生のサルとの記念写真」 とかいうタイトルで発表されるだろーなー"などと思いつつも、笑顔でパチリ。
f0007785_5294924.jpg

ちょっと遅い昼食(2度目?)を園内唯一のレストランでいただきました。するとそこにも、遊具エリアが、しかも広い。食事を済ませ、カイジュウ君はダッシュで行ってしまいました。しっかし、元気だなーとつくづく思う。

時計の針も16時に近づいてきました。出口を目指します。が、またまた遊具エリア。もうダメです。カイジュウ君は疲れているのですが遊びたい気持ちが先行しもうクタクタ。何を言っても反対の答えが返ってきます。もう限界です。

帰りはトラムに乗りホテルまで戻りました。荷物を置き、アムステルダム初日にチェックしておいたインドネシア料理レストランへ行きました。テーブル3席とあとはカウンターだけの小さいレストランです。ナシゴレン(チャーハン)、バーミーゴレン(焼きそば)と春巻きをオーダー。馴染みの味で美味しかった。飲み物合わせても20ユーロでお釣りがきました。電話オーダーしてたのでしょうか、テイクアウトしていく地元のおばちゃんたちがいました。
f0007785_5302290.jpg

さて、お腹もいっぱいになったので、オランダのたび最後を締めくくるのはやはり運河クルーズでしょう。ということで、ホテル前から出発している運河ツアーに参加しました(大人6.5ユーロ)。19時出発、約1時間強のクルーズです。とりあえず、何も考えず夕暮れ時のアムステルダムの町並みをただただのんびり眺めていました。とてもスローな時間です。

翌日早朝、まだホテルの朝食が整う前にチェックアウトしアムステルダム・スキポール空港へ向かいました。いつもと同じ朝、清掃車だけが忙しそうに動き回っています。この町の朝の始まりです。
f0007785_5325285.jpg

フィンランドへ到着し、軽く休んだ後、元上司JG宅へ。オランダ滞在中、イースターディナーのお誘いの電話がありました。スキポールで購入した"フランス"ワイン(笑)を手土産に食事と旅行話しに盛り上がり、結局帰宅は23時。クタクタです・・・。
f0007785_5331948.jpg

5歳になったカイジュウ君。今回のたびで何を感じたのだろうか。たくさんの人に会い、新しい出会いがあり、たくさん歩いて、いろいろなところへ行き、たくさん電車に乗り、飛行機に乗り、たくさん食べて、たくさん笑って、たまに泣いて。楽しかったかな?いい経験になっただろうか。そう願いたい。
[PR]
by mashiz_t | 2007-04-27 05:24 |


<< さくら / Sakura ベルギー・オランダのたび 6日目 >>