ベルギー・オランダのたび 4日目

4日目 4月2日 ライデン - キューケンホフ

以前よりblogにて交流をさせていただいていたオランダ在住・NED-WLT san とオフ会を兼ね、ご家族もご一緒に花の公園で有名なキューケンホフ公園へ行きました。

急なオフ会へのお誘いにもかかわらず、快くお引き受けいただき、さらに"キューケンホフへ行きませんか"というすばらしいご提案。理数系でMBAホルダーであるNED-WLT san のblogとの出会いは半年以上前、ロジカルな文章、豊富な経験を感じさせる物事への多角な切り口、企業人であり起業人、とその一方で 生活の中心は家庭 と家族愛を感じることができる多数のエントリーに惹かれたのが交流のキッカケでした。実際お会いしてみると、やはり家族を大切にされているやさしいパパという印象を受けました。子供たちがはやく馴染んでくれるようにとわざわざホテルまで来てくださるという心遣い。感謝です。

まず、ロッテルダムセントラル駅から電車でライデン駅まで行き、そこでランチを取りました。川(運河?)沿いにあるカフェです。オランダの名物(かな?)のトーストの上に目玉焼きとハムをのせたアイツマイター(Uitsmijter)とベルギーの白ビールをいただきました。また、駅前にあった出店(屋台?)でハーリング(にしんの塩漬け)を ・・・尾びれを手で持ちそのまま口へ・・・ と、オランダ人のようにいただきました。
f0007785_23284096.jpg

ライデン駅からキューケンホフ公園までバスで移動です。平日にもかかわらず、すばらしい天気だったせいかたくさんの人がこのキューケンホフ公園に来ていました。公園は、予想以上に広く、チューリップはもちろん多種多様な花たちが我々を待っていてくれました。水辺に咲いていた桜の花びらが水面にたくさん落ちていました。これを見て、春の趣を感じるのは日本人だけなのでしょう、きっと。久しぶりに見て感じた、散りゆく桜と春でした。
f0007785_23305937.jpg

f0007785_23291846.jpg

公園内には、風車もありました。そして、そこからお花畑(たぶんチューリップ)が一面に広がっていました。これもわたしが描いていたオランダという国のイメージです。見事でした。
f0007785_23294824.jpg

我々大人たちの心配をよそに、子供たちは電車・バスの移動時間の間にすっかり仲良し。公園では、たまに親の視界から居なくなるほど、水を得た魚のように二人で走り回っていました。子供たちがとても仲良しになってくれたので、我々大人たちもゆっくり話しをしながら園内を散策できました。

夕方、ロッテルダムに戻り食事を取ることに。子供たちがいるのでと、他の客とちょっと離れた場所の大きな丸テーブルを用意してくれました。おいしい食事とお酒をいただきながら談笑が続きます。が、楽しいときは時間が経つのが早いものですね。子供たちも限界の時間が近づいてきました。また次回会えることを信じてNED-WLT sanご一家とお別れしました。

とても有意義な一日でした。Blogを通しての出会いでしたが、しかも家族どおしがこれほどスムースに一日を楽しめるとはすばらしいことです。言うまでも無く、NED-WLT sanご一家の人柄の良さに尽きると思いますが。すばらしい一日をありがとうございました。またお会いしましょう!

明日はアムステルダムへ移動です。

*全画像:クリックでちょいデカ。
[PR]
by mashiz_t | 2007-04-15 17:03 |


<< 病欠 / Sairasloma ベルギー・オランダのたび 3日目 >>