My bossの自宅へ / Menin minun pomon kotiin

11日(日)、トゥースラ湖(Tuuslan järvi)近くにある現・上司Lauri宅へ遊びに行きました。

車にクロスカントリースキー、スケート、ソリを詰め込み、いざ出発。でしたが、すぐSMSが届きスキー、スキートはできないとのこと。太陽も顔を出し、気温はプラス8度。さすがにこの天気、無理ですね。

Lauri宅は、森に囲まれた比較的新しい住宅地。湖へも歩いていける距離で、とても静かな場所でした。奥さんのMariと、EeroとSariの二人の子供が我々を出迎えてくれました。スキーもスケートもできなかったので、近くの公園へソリに行くことに。でも、たいぶ雪も融け、雪融け水で川ができていました。そんな中でのソリだったので、子供たちはビッチョビチョ。さっさと撤退です^^
家に戻り、軽食を頂きながらいろいろな話しをしました。窓から見える白樺の森が夕日を浴びてすばらしいコントラストでした。すっかり見慣れた風景でしたが、なんだか今日はどこかのコテージに泊まりに来たような気分です。すごくいいところ。こんなところに住んでみたい。など、わたしにはめずらしく、そんな思いでしたね。

EeroもSariも、普段見慣れない外国人に興味津々の様子。食事後ようやく慣れたのか、日本のことや言葉、日本語などいろいろ質問してきました。中でも日本語にとても興味を持ったようで、彼らの名前やフィンランドのものなどを日本語で書いてあげると"明日、学校でみんなにみせるんだー"と、大喜び。

楽しい日曜日の午後でした。
f0007785_315678.jpg

[PR]
by mashiz_t | 2007-03-16 03:02 |


<< Hop Lop 冬のラップランド / Lapp... >>