Himos Ski 2005

早いものでフィンランドへ来て2度目の冬、つまりスキーシーズンとなりました。今回も社内企画のスキーへ参加しました。

昨年同様Himosへ60人を超える社内有志とともに2泊3日(11日から13日)のスキー旅行でした。我々は17人のグループ(同部署+ドイツ人2人)で3つのコテージを借り、例のごとく寝床争奪から始りました。私が泊まったコテージは昨年と同じ場所で、昨年の経験から寝袋+エアーマットレス持参などなど、とりあえずサバイバルに勝つ準備は万端。

初日は私が日本のカレーライスを作り、フィンがなべで米を炊く(煮る?)、さらにドイツ人がカクテルを作るという奇妙な夕食で、すてきなhimos がスタートしました。みんなカレー食べれるんだ~という新発見付。

Himosにはスロープが2箇所ありpohjois himos(北ヒモス)と lansi himos(西ヒモス)で、コテージはpohjoisの頂上に位置します。土曜日はほぼ一日lansi himosで滑っていました。というのも、今年の1月2月はとても暖かく雪が降っても数日で融けてしまうので、スロープのコンディションも悪くPohjois himosのいくつかのスロープは閉鎖されていました。lansi himosはpohjois himosより広く、人も多く、楽しめます。子供専用(見た感じ2歳とか3歳とかもたくさんいます)のスロープもあり、例のごとくファイヤープレイスもあり、クロカンやテレマークで滑っている人あり、などなど、何でもありありの普通のフィンランド式スキー場です。もちろん、ふもとの湖は凍っていて、またまた例のごとく駐車場、スノーモービルのコース、クロカン、キャンピングカースペースなどなど昨年同様の光景でした。

2日目の夜はメキシカンナイトと題してチキンファフィータ+例のドイツ人のカクテル。まー、失敗することのない無難な夕食でした。

最終日の午前中はpohjois himosで滑れるだけすべり、午後にはちゃちゃっと帰路へ。

昨年の経験をフルに生かし、なんともすっかりフィンランド人らしいペースでしっかり楽しんだHimosという感じでした。

写真はここ→Himos 2005
[PR]
by mashiz_t | 2005-02-12 07:23 |


<< バレンタインデー Ystava... 日本語補習校 説明会 >>