- インコー Inkoo -

7月2日金曜日-3日土曜日とヘルシンキから車で一時間程度走ったところにあるインコーへ行きました。このエリアはスウェーデン系の人たちが多く住んでいるエリアで道路標識にかかれている案内の順番がスウェーデン語、フィンランド語となっています(通常はフィンランド語、スウェーデン語となっているんですが)。我々は政府所有のコテージを借りて週末をゆっくり過ごすはずでしたが残念ながらどしゃ降りの雨でした。

我々が借りたコテージは島の中にありその島に渡るには橋の一部がロープでつながれている橋(変な説明ですが)に車ごと乗り、その移動する橋で島まで渡ります。距離は数百メートル程度しかないのになぜ橋を架けないのかちょっと不思議でした。この島はやはり自然そのもので鹿を見かけたりウサギをみかけたりできます。ムースもいるそうですがみれませんでした。車で行けるところまで行き、我々はメインのコテージ(管理人はアルバイトのおにーちゃん)でサウナの予約とボートを借り、そこから歩きでコテージまで行かなければならず、やっとの思いで着いたコテージはただのほったて小屋でした。一間にベッドが3つあるだけの。

島といっても本当に山の中というか森の中というかそのような感じのところなので自然のままのブルーベリーやリンゴンベリーなど取ることができます。さらに海といってもアーキペラーゴ地帯なので湖のように静かです。

サウナはまたまた山の中を歩き反対側の海岸まで行かないとありません。しかも薪でたくサウナで、これまたほったて小屋。水道は一つあるだけでしかも海水をポンプでくみ上げているだけ。薪サウナの一部に海水を入れるタンクが付いていてそれでお湯を沸かし、そのお湯と海水で適度な温度のお湯をつくり体を洗います。フィンランド人はサウナに入ってそのまま海に飛び込み、またサウナに入る。ということを数回繰り返し楽しんで?いました。のように見えました。

土曜日の夕方ようやく雨があがったので借りたボートでルアーフィッシングをしました。私とフィンランド人の2人でしたが2人ともパイクという40-50cmくらいの魚をつることができました。

天気が悪かったのでいまいちでしたが、リアルフィンランドを体験した感じです。

写真はここ→inko
[PR]
by mashiz_t | 2004-07-03 06:40 |


<< パライネン (Liisa... - 夏至祭 Juhannus - >>