-コルケアサーリ / ヘルシンキ動物園-

今日は家族でコルケアサーリにあるヘルシンキ動物園に行きました。我が息子は「ぞうさん、ぞうさん」と大興奮でしたが、残念ながらぞうさんどころかきりんさんまでいませんでした。その代わりトナカイ、ラクダ、バッファロー、ライオン、ヤマネコの一種、シーライオンなどなどあまりうれしくない面々に出会うことができました。

コルケアサーリは実は島で、島全体が動物園というとても面白い考え方の動物園です。ですから、動物園の入場料を支払うというよりはコルケアサーリという島に渡るための橋の通行料を支払う感覚です。というのも、前述したとおり動物園自体はあまりエキサイトな場所ではないので(我々だけの意見かもしれませんが)、家族、または友人とお弁当片手にピクニックに来るという感覚の方が理解しやすい場所と言えます。小さな島ですから一周するのも分けなく、さらにヘルシンキダウンタウンも見えますし、緑もたくさんありとてもよいところです。

この日はまだ島周辺の海は凍っていて、しかも風が強かったため外でお弁当、、、などという気分にはなれませんでしたが。またヘルシンキダウンタウンからボートで行くことも可能なので、夏は楽しめそうです。

ちなみにxxxサーリといって「サーリ」とは「島」という意味だそうです。
[PR]
by mashiz_t | 2004-04-03 06:28 |


<< イースター- ストックホルム旅編 - フィンランドの公的乗り物 - >>